Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コウチーニョを放出したいバルセロナ、アーセナルとニューカッスルに売却オファー

配信

GOAL

バルセロナがプレミアリーグ勢にフィリペ・コウチーニョをオファーしている。『Goal』の取材で明らかになった。 コウチーニョ、サンチェス、F・トーレス……過去10年で最悪だった移籍とは? 2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額となる最大1億6000万ユーロ(当時約217億円)でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、カンプ・ノウで期待に応えることができず、1年半後の昨夏に期限付きでバイエルン・ミュンヘンに移籍した。新天地で輝きを放つこともあったが、ドイツ王者に買い取りの意思はなく、チャンピオンズリーグ終了後にスペインに帰還するものの、その後の去就は現段階で不透明だ。 スカッドの空きを作り、今夏の補強費用捻出のためにブラジル代表MFの売却を進めたいバルセロナだが、新型コロナウイルスにより多くのクラブが財政面で苦境に立たされており、コウチーニョのサラリーと移籍金を払えるクラブがごく僅かであることを認識。そのため、財政基盤が強固で、選手自身にとっても最善であるとされるプレミアリーグのクラブに売り込みをかけている。 バルセロナが目を付けたのは、過去にコウチーニョへの興味を見せていたアーセナルとニューカッスル・ユナイテッド。オファーを送ったものの、両クラブからの回答は今のところなく、移籍の詳細やスポーツ面と財政面の状況を精査する段階となっている。また、スペインのクラブは当初、完全移籍のみを見据えていたが、状況が状況だけに移籍の形にこだわらず、期限付き移籍でも受け入れる可能性がある。 さらに、バルセロナは2年半前の冬にコウチーニョ獲得のために支払った額を回収することをすでに諦め、損失が出ることを覚悟。移籍金に関しては、8000万ユーロ(約98億円)程度にまで下がるとスペイン『ムンド・デポルティーボ』などが報じている。

【関連記事】

最終更新:
GOAL