Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「経済を回すために無症状への検査拡大」専門家はどう見るか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

再び新型コロナウイルスの感染拡大が始まっている日本。感染対策と経済を回すことの両立が叫ばれる中、経済界や一部の自治体からは、無症状の感染可能性の低い人にも検査を拡大することが繰り返し提唱されています。感染症対策の専門家はこの動きをどう見ているのでしょうか?【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】 川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦さんに再びお話を伺いました。 ※インタビューは8月8日午後にZoomで行われ、その時点の情報に基づいています。

第2波かどうかはともかく「感染再拡大」

ーー新規感染者が全国で増えていますね。これは第二波が来ているという認識でよろしいのでしょうか? 「第2波」と言っている専門家や行政の人もいますが、「第2波」の定義は明確ではありません。あとで振り返ってこれが第2波だったのかなと名付けるということでよいのではないでしょうか。 例えば北九州で感染者が増えた時、北九州はあの時点で「第2波」という言葉を使いました。 日本での感染拡大の最初は中国・武漢市からの来たもので、これを第1波。次にヨーロッパから持ち込まれたものが第2波、という見方もできます。もっと時がたって振り返れば、3月4月のピークと7月8月のピークは一緒に考えられるかもしれない。 定義づけは様々ですが、少なくとも今は「感染再拡大」の状況にあるということは言えます。

3、4月よりも受け手側は進歩している

ーー現在の拡大ぶりを見ていると、新規感染者数では3月4月を超えていますが、医療機関の逼迫は抑えられています。前に比べると準備が整っていると考えていいのでしょうか? 一つは病気の正体が以前より見えてきていることが大きい。 逆にわからないことも出てきたところはありますが、受け入れている医療機関もなんだかわからない病気に暗中模索で対応しているのではない。この患者はこうなるという見通しがある程度つかめて、患者対応にも落ち着きが出てきていると思います。 医療資材が不足する中で感染者が増えて、「この先どうするんだ」というような不安は以前よりはかなり軽減されているのではないかとも思います。 病棟の準備も、慌てて隔離病棟を用意するという段階から、こうなった場合はこうするという段取りができている。 また、前は入院がどんどん増える一方で、退院させる出口がありませんでした。溢れる患者の行き先がなかったのです。 それが今は療養先としてホテルが準備されたり、自宅療養というルートも示されたりしています。ただしそれが十分かというと、そうでもないという課題もあります。 検査方法も整理されて、ひと頃よりもスムーズになってきた。 不安が全て払拭されたわけではないですが、一般の人の理解も進み、この病気の存在を受け入れて、日々の生活の中で注意するようになってきた。 そして、一番大きいのは、手も足も出ないと思われていた重症になった患者さんに対して、経験を積んだ結果、暗中模索からは脱してきています。 ーー重症患者に対する特効薬ができたわけではないですよね。 重症例には人工呼吸器をつけたり、さらに重症例にはECMO(体外式膜型人工肺)を回したりという対症療法ではあるのですが、抗ウイルス剤レムデシビルやステロイド剤であるデキサメタゾンを投与するという治療が、認可されてきました。 まったく未知の治療をするというところからステージは上がっていると思います。 さらに、現在の患者さんの年齢層を見ると若い人の割合が多いので、重症度で見れば下がっている。合併症を持っている人の発症も少ないです。人工呼吸器やECMOの必要数、死亡数は以前の割合に比べればずっと少なくなっています。 同じ人数を診ていても、以前の医療機関の負担と現在の負担は違います。以前とは違う新たな課題も見えてきていますが、暗中模索で追い込まれるということではなくなってきています。

【関連記事】