Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベティス、トッテナムとアトレティコの実力者CBに関心

配信

SPORT.es

レアル・ベティスは、トッテナムとの契約満了が現実味となっているベルギー人DFヤン・フェルトンゲンの獲得に臨むようだ。また、ベルディブランコのテーブル上にはアトレティコ マドリーのDFマリオ・エルモソの名前も挙がっている。彼は、昨シーズンまでプレーしていたエスパニョールで、現ベティス監督のルビの指導を受けていた。 久保建英の将来 2クラブが獲得に興味を示す このオプションを遂行するための最大の障害は、彼の33歳という年齢ではなく、高い経済的要求にあるだろう。彼はトッテナムで受け取る年俸350万ポンド(約4億5,000万円)を求めている。ベティスはフリーで獲得できることから、フェルトンゲンの加入は守備ラインへの経験と力強さを補えると見ている。 マリオ・エルモソは、アトレティコでの1年目の成績不振によって市場に出された。24歳のディフェンダーは、ルビの下で疑いの余地のないレギュラー選手だったが、ディエゴ・シメオネのチームでは、出場回数が限定的で、直近のリーグ10試合での起用は2試合に留まっている。ルビは彼を高く評価しており、アトレティコもオファーに耳を傾けると思われる。 またベティスは、ズハイル・フェダルやシドネイの退団が決定的で、アイサ・マンディの契約更新も遅れていることからセンターバックを必要としている。

SPORT

【関連記事】