Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山口県の「イージス・アショア」配備計画を検証するドキュメンタリーを山口朝日放送が制作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月8日(土)の「テレメンタリー2020」(毎週土曜深夜4:30-5:00[日曜朝4:30-5:00]、テレビ朝日、※系列各局で放送)は、「盾はすいかも守れない~上陸できなかったイージス~」を放送する。 【写真を見る】むつみ演習場そばで実った特産すいか 防衛省が山口県の陸上自衛隊むつみ演習場と秋田県の陸上自衛隊新屋演習場で進めていた、陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」配備計画が突然消えた。 迎撃ミサイルを発射後、ブースター部分を基地内に確実に落下させるうえで技術的な問題が判明し、安全確保のための改修には多くの費用と期間を要するためという。 配備先とされた山口県にこれまで説明してきたことは真逆の理由。防衛省の地元への説明を見返すと計画はほころびだらけだったことが見えてくる。 約2年半、国策に翻弄された住民は今も疲労感が残る。そんなことはよそに、配備候補地だったむつみ演習場のそばでは今年も特産のすいかが実った。 イージス・アショア配備計画を検証するドキュメンタリー。制作は、山口朝日放送。担当プロデューサー・高橋賢、担当ディレクター・藤本有佑子。ナレーターを田中秀幸が務める。(ザテレビジョン)

【関連記事】