Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で変化する物流と雇用。「物流倉庫」がイメージを変えるカギはギグワークなのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

コロナ禍で伸びる物流と雇用

自宅まで商品を届けてくれるさまざまなサービスは、もはや生活に欠かせない存在になっている。大きな家電から小さな生活用品まで、インターネット上で注文してしまえばなんでも家に届けてくれる時代だ。 そしてそれは、コロナ禍での巣篭もり需要の影響からますます加速している。国土交通省のトラック輸送情報によると、2020年6月の宅配貨物の取り扱い個数は3億9972万7000個で、前年同月比で17.6%の伸びを示した。 また下記グラフからわかる通り、トラックドライバーの求人数はコロナ禍に入ってから右肩上がりと、雇用の側面から見てもその変化は著しい。 今回はいま大注目の業界である「物流」と、「ギグワーク」をテーマにお話しする。「人手不足の解消」という点以外に、ギグワークが業界にもたらしうる価値について考えていきたい。

シャワーやカフェまで。働きやすい環境に変わった物流倉庫

物流倉庫と聞くと、狭い、暗い、汚い…といったイメージを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。これまで物流倉庫での勤務といえば、「3K」の現場である印象は否めなかった。 帝国バンクによる2020年1月時点での調査では7割近くの運輸・倉庫企業が「従業員が不足している」と回答した。コロナ禍のいまでこそ人手不足感は落ち着いているものの、昨今のEC需要の高まりから、物流業界では人手不足が深刻な課題であった。物流業界へのイメージが、ひとつの要因であることは否定できないだろう。 そんなイメージの刷新と働きやすい環境作りのために、企業は職場改善の努力を惜んでこなかった。カフェやパウダールーム、無料のソフトドリンクなどを完備した倉庫。 シャワー室やコインランドリーを設け、宿泊施設こそないもののまるでホテルのような設備の倉庫。子供のいる方にも働いてもらえるように託児所を併設した倉庫など、働きやすい環境づくりに邁進する企業は多い。(日本経済新聞「カフェや託児所併設、『働きたくなる』物流施設が続々」) 先日、スキマバイトアプリ「タイミー」を通して物流倉庫で働いた際に、企業による環境整備の実態を実感した。清潔な倉庫内に完璧に管理された空調と、なにより優しく迎えてくれる現場の方々。自分の「物流倉庫へのイメージ」がアップデートされていなかったことを痛感させられ、物流倉庫に対するイメージが完全に変わった経験だった。

【関連記事】