Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミューズのマシュー・ベラミー、ビリー・アイリッシュについてコメント。「彼女が生み出すあのダークな雰囲気は、俺がマジで共感できる何かだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
rockinon.com

ミューズのフロントマン、マシュー・ベラミーが、史上最年少で第62回グラミー賞主要4部門を独占したビリー・アイリッシュについてコメントしていることがわかった。 「Guitar.com」のインタビューを報じた「Metal Castle」によると、マシューが音楽界における現在の状況についてコメントし、ビリーを称賛していたという。 現在、彼女は世界最大のアーティストだって知ってるけど、俺はビリー・アイリッシュを気に入ってて、明日コンサートで彼女に会うんだ。 出演者が30分ほどパフォーマンスするラジオ番組の一つで、ザ・ブラック・キーズとコールドプレイも演奏する。俺は本当にビリー・アイリッシュが大好きなんだ。彼女が生み出すあのダークな雰囲気は、俺がマジで共感できる何かなんだよ なお、今月上旬にマシューはソロ曲“Tomorrow's World”をリリースし、 「ロックダウン中の感情をとらえた曲」だと説明している。 また、マシューとブラーのグレアム・コクソン(ギター)、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツのマイルズ・ケイン(ボーカル)、ザ・ズートンズのショーン・ペイン(ドラム)、ジェイミー・デイヴィス(ギター)で構成されるスーパー・バンド、The Jaded Hearts Clubは3月にデビュー・シングル“Nobody But Me”を発表した。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

【関連記事】