Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鳥取】39歳フェルナンジーニョの自負「自分のような選手が必要」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

9月12日のアスルクラロ沼津戦で決勝点を挙げた、ガイナーレ鳥取FWフェルナンジーニョ。チームを勝利に導いた39歳のベテランは、自身の経験への自信を胸に、首位のブラウブリッツ秋田と激突する次節を見据える。 ゴールを決めたフェルナンジーニョはメインスタンドに走り、いつものように応援しているアナ夫人と息子のサムエルくんに向けてハートマーク ■2020年9月12日 J3リーグ第15節(@Axis:観衆886人) 鳥取 1-0 沼津 得点:(鳥)フェルナンジーニョ     (沼)なし

「自分が打つしかない」

 9月12日の明治安田生命J3リーグ第15節で、ガイナーレ鳥取はアスルクラロ沼津を1-0で下した。6日の前節、いわてグルージャ盛岡に0-2で敗れた黒星を引きずらず、FWフェルナンジーニョも「前節ああいった形で負けてしまい、非常に難しい状況で、連敗をしないことが何より大切だった。今日も最高点の試合ではなかったですが、勝てたことは非常によかった」と振り返っている。  前半アディショナルタイムの決勝点は、相手のミスパスがフェルナンジーニョに渡り、そのままドリブルで持ち込んで決めたもの。「ボールを持った後にスピードを上げて周りを見たら、大久保優選手が前にいたのでパスを出そうと思ったが、動き出しが違う方向になってしまった」ことでプレーを変え、「自分がそのまま運んでシュートを打つしかない」というフィニッシュでネットを揺らしている。    8月29日の第12節で交代出場、9月2日の第13節で先発出場し、3連戦となった6日の岩手戦は疲労を考慮して登録メンバーから外れていた。今年1月に39歳となったベテランは、流れをつかめないまま敗れた一戦を映像で見て「今年のチームは若い選手が多く、プレーする上では経験のある選手が絶対に必要だと考えている。自分が周りから信頼されていることは分かっているので、ボールを収めることで、他の選手が時間をもっとうまく使うことができる」という思いで沼津戦のピッチに立ったという。  この日は決定機でシュートが枠を捉えないシーンもあったが、相変わらずの技術の高さで多くのチャンスに絡んだ。今後に向けて「全試合に出られるように、自分がチームを助けられるようにやっていきたい。若くて力があるチームなのはよいことですが、バランスが取れたサッカーをするためには、経験がある自分のような選手が必要」と強烈な自負をのぞかせている。  この日の勝利で3位をキープし、次節はアウェーでブラウブリッツ秋田と対戦する。前節終了時点で10勝3分け、いまだ無敗で首位を走る相手との直接対決は、勝ち点差を縮める大きなチャンス。フェルナンジーニョは「敵地で勝てるように準備していきたい。モチベーションは十分です」と闘志を燃やす。  高木理己監督は「まだまだ、こんなもんじゃない、フェルナンジーニョのクオリティーはもっとすごいぞ、ということを秋田戦でお見せできるように、いい競争をしていきたい」とコメント。「勝つことができれば自信になる。その後も見据えて、絶対に勝たなければいけない一戦」と語るフェルナンジーニョも、期待に応える決意を示した。 現地取材・写真◎石倉利英

サッカーマガジン編集部

【関連記事】