Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レオンアート「パイルダー125」に乗った! 原付二種なのにトルクでスポーツできる“パワークルーザー”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

デザインだけじゃない、スポーティな隠し味

水冷2気筒という原付二種らしからぬスペックのエンジンを搭載し、車種によっては税抜き38万円からという価格で話題沸騰のレオンアート(スペイン)。7月よりウイングフットが日本への輸入を開始したので、さっそく6機種のラインナップの中からパイルダー125をお借りして試乗してみた。 【写真×9】パイルダー125のスタイリングとディテール

遊び心あふれるディテールと、バイク好きも納得の程好いマニアックさ

重低音とどろく迫力の排気サウンド、ちょっとクセのあるライディングポジション、意外にも素直なハンドリング、そしてド迫力の体躯とトルクフルな並列2気筒エンジン。これほど個性を主張してくる125ccのマシンは初めてかもしれない。 スペインのメーカーであるレオンアートが放つ「パイルダー125(PILDER 125)」は、問答無用のカッコよさだけでなく、バイクを本当に好きな連中が仕上げたのだなと思えるような、遊び心とちょっとしたマニアックさを持ち合わせたパワークルーザーだ。 7月26日公開の記事ではエンジンサウンドを含む映像とライディングポジションについてのレポートをお届けしたが、今回はいよいよ試乗インプレッションである。税込み価格で41万8000円~59万4000円となる6機種のラインナップ中では一番高いパイルダー125に、通勤を含む街乗りメインで試乗してみた。

190mm幅のリヤタイヤを履きこなす堂々の車格と、低回転からしっかり加速できる2気筒エンジン

デザインについては人それぞれの好みなので評価は避ける(ちなみに筆者は好き)が、少なくとも通勤中の信号待ちで「これメチャクチャかっこいいけど、なんていうバイクですか!?」「ピンクナンバーだけど本当に125ccなの!?」と、かつてない頻度で話しかけられたのは確かだ。 ディテールも面白い。畳めない構造のアルミ製タンデムステップや、一見するとカーボンに見えるサイレンサーエンドには、価格を抑えるための割り切りと遊び心の両方を感じる。190mm幅のリヤタイヤに片持ちスイングアーム、倒立フォーク&ダブルディスクといった足まわりの装備は、明らかに原付二種クラスを超えたものだ。ブレーキレバーのアジャスターやギヤポジションインジケーターを備えているのも嬉しい。 ライディングポジションについては、以前にもお伝えしたように燃料タンクが長く、ハンドルバーはやや遠く低めで上半身の前傾はやや強い(※)。シート高は700mmと低く、ステップ位置はクルーザーでいうところのミッドコントロール……つまり前過ぎず後ろ過ぎずだが、ネイキッドの感覚でいうとやや前寄りだ。こうした独特のライディングポジションは、後述するハンドリングに対してもけっこう影響している。車重は180kgとされているが、重心が低いせいかサイドスタンドを払って起こす際にもそれほど重たい感じはなかった。 エンジンを始動すると、映像でもお伝えしたように迫力のサウンドが轟く。音量もそれなりに大きいが、非常識なほどではない。ツインエンジンでありながら、どこか1980年代の空冷4気筒にも似た雰囲気の振動やハスキーで野太い音質に好感が持てる。 普通の重さのクラッチレバーを握り、国産に比べるとやや節度感に欠けるシフトペダルを1速へと送り込む。ギヤ比が低いこともあって、発進は楽々だ。 驚いたのは、低回転からすごくトルクフルなこと(もちろん125ccにしては、であるが)。しかも、そこから高回転に向かってよどみなく吹け上がっていく。125ccクラスである程度のパワーを発揮するエンジンの場合、たいていはパワフルさの代償として低回転トルクが頼りなくなるもの。しかしパイルダー125のエンジンは、6速でアイドリング付近の回転を使ってもジワリと前に進んでいく粘りがあり、高回転も125ccという排気量を考えれば十分にパワフルだ。旧車のような味わいと現代的なフレキシビリティを両立したエンジンは、洗練された国産マシンとはまた違った気持ちよさを提供してくれる。 もちろん原付二種だけあって、実際にはそれほど速くない。ある程度エンジンを回して気持ちよく加速し、交通の流れをリードしていっても、白バイを気にしなければいけないような速度にはならない。頑張ればメーター読み100km/h以上も出せるらしいが、そんなことをしなくても十二分に気持ちいいマシンなのだ。 ※前回の記事で紹介した金城IVY Racingではアップハンドル仕様の開発を検討中

【関連記事】