Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘイリー・ビーバーの超シンプルなニキビの治し方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

生まれながらにしてツヤツヤな美肌を持つスーパーモデルのヘイリー・ビーバー。そう見えて実は、ピルや口囲皮膚炎によるニキビに長年悩まされてきたことを、インスタグラムでオープンに語っている。それにしても、一体どうやってニキビを対処しているの? 今回はこの内容をオーストラリア版ウィメンズヘルスからご紹介。 【写真】ビューティアイコン、ヘイリー・ビーバーのヘア遍歴 まずは十分な栄養と入念なスキンケアルーティンが鉄則。しかし、彼女には肌をクリアにする別の方法があるという。それは、「海で泳ぐこと」。

7月にバカンスに出かけたヘイリー(23)は、インスタグラムのストーリーに動画をアップし、最近の近況についてシェアしている。 透き通った青い海の写真と一緒に、「海辺で過ごしているときの私の肌のコンディションはいつもベスト。何でだと思う? 私にもわからない」と投稿。「ときには、自然の中で過ごすことが究極の美容法」。 ここからは、スキンクリニック「The Joyful Skin Clinic」の院長を務めるケミ・ファブシワ医師が、ニキビに塩水が効果的である理由を解説してくれた。 ファブシワ医師は『Cosmopolitan UK』誌に対し、「高濃度の塩水は、肌の角質を除去する特性があることで長年知られています。不純物を取り除き、毛穴の詰まりを解消する効果があります」と話している。 「塩水は、抗菌作用と抗炎症作用の両方の特性を有しており、肌の表面に生息するニキビの原因となる細菌の数を減らし、傷の治療を促します」。塩は、肌を自然に乾燥させるので、オイリー肌の人には特に有効だという。「海水は過剰な皮脂を取り除き、よりバランスの取れた肌に導いてくれます」 それならば、ニキビで悩んでいる人にとって、食卓塩でも同様の効果は得られる? 「いいえ、海水と食卓塩に含まれるミネラルの組成に違いがあります」と、ファブシワ医師。「海水塩には、肌の健康に有益となる特定の構成で、ナトリウムやカリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが含まれています」。 ※この記事は、オーストラリア版ウィメンズヘルス翻訳されました。

【関連記事】