Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あわよくば寄せたい120ヤードのコントロールショット、どう打つ? 美女プロ・江澤亜弥がコツを伝授!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

「100切り」を目指し奮闘中のお笑い芸人、ずん・やすが、美女プロ・江澤亜弥に120ヤードのコントロールショットの打ち方を伝授してもらった。

クラブを短く握ってコントロールしやすくする

やす:これまで江澤先生には、「30ヤードのアプローチは右ひじを体に付けて構えて打つ」こと、「100ヤードのショットは右手首の角度を変えずに体の回転で打つ」という教えを頂いて、見事成果を出すことができまして。ほんと「やってて良かった江澤式」と感謝しております。 江澤亜弥(以下江澤):それは良かったです! やす:次はさらに距離を伸ばして、「120ヤード」のショットに挑戦したいです。いつもは8番で打つ距離なんですが、今日はあいにく持ってきていなくて……7番アイアンでいきます。でもさすがに120ヤードを7番じゃ大きいので、コントロールをして打ちたいのですが、その際のポイントみたいなのがあったら教えてもらえますか?

江澤:そうですね、まず、クラブを短く持ちましょう。 やす:なるほど。短く持つことで距離が抑えられますよね。 江澤:はい。でも距離だけじゃなく、短く持つとコントロールがしやすくなるんですよ。 やす:へぇ~、どうしてですか? 江澤:クラブが長いとそれだけ遠心力がかかってくるので、クラブ自体が外に行こうとする力が増すぶん、クラブヘッドのコントロールが難しくなるんです。逆に、短くなれば遠心力が少なくなったぶんだけ、飛距離も抑えられるしコントロールはしやすくなるわけです。

やす:あと、コントロールショットのときにスウィング的に注意することはありませんか。 江澤:バックスウィングは手ではなく、肩をしっかりと入れるということを意識してください。手でクラブを大きく上げてしまうと、ダウンスウィングでスウィングのスピードをゆるめて距離をコントロールする打ち方になりがちです。 やす:私の悪い癖、“手先だけの男”的な打ち方ですよね。 江澤:距離をコントロールするには、クラブを短く持ち、肩を十分に回したうえで手の位置をコンパクトにして、ゆるみのない締まったスウィングをするようにします。そうすれば距離もしっかり合ってくると思いますよ。

【関連記事】