Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

駅3分の空き家めぐり…63歳長男「嘘だろ!?」亡母の遺言に絶句

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

いつの時代もなくならない相続トラブル。「生前しっかり話し合ったから大丈夫」…ではないのです。大切な人の死後、まさかの事態が起きてしまったら? 相続終活専門協会代表理事・江幡吉昭氏が実際の事例をもとに解説します。 ※本連載は 遺言相続.com 掲載の事例を編集したものです。プライバシーに配慮し、相談内容と変えている部分があります。

「なんでだよ、おかしいだろ!」遺言書に長男激怒

相談者は田中ヒロコさん(仮名/60歳・女性)。お母さまが亡くなり、所有していた自宅不動産の持ち分を相続することになりました。相続人はヒロコさんと長男・アキラさん(仮名/63歳・男性)の2人。長男は妻と子ども3人の5人家族であり、ヒロコさんは未婚。子どももいません。 ■長男が「母の遺言」をド無視 相続する不動産(土地・実家)は、当初ヒロコさんの父親が所有していましたが、母親が亡くなる5年前に他界。その際の相続では、母親1/2、長男とヒロコさんがそれぞれ1/4を相続することになりました。 そして今回の相続では、母親が遺言で「実家については自分の持ち分をヒロコにすべて相続させる」と残していました。というのも、長男であるアキラさんと母親は大変仲が悪く、ほぼ絶縁状態にあったのです。 当時を振り返り、ヒロコさんはこう語ります。 「兄と母の仲はとても良いものじゃありませんでした。兄との仲…じゃないか。正確には、兄の妻、私の義理のお姉さんとの関係がダメで…って感じですね。兄は父にも母にも結婚を反対されていました。離婚歴のある方で、どうにも信じられないと。それを押し切って『もう結婚したから』なんて事後報告してくるものですから…。母は義理のお姉さんも兄も許せなかったのだと思います」 「反面、私は母のそばにずっといました。父が亡くなってからは介護もしていたし、遺言の内容は当然かと思うのですが…」 本来、優先されるのはお母さまの残した遺言書です。しかし、母親の死後に遺言の内容を知った長男は大激怒。「おかしいおかしい」と繰り返します。 「なんでだよ、おかしいだろ! …わかった、お前、母さんと裏で共謀してたんだろ。俺は長男だぞ。家を継ぐのは長男の役目だろうが!」

【関連記事】