Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト高橋、今季初勝利が降板直後に消える 六回途中2失点の好投も…

配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場)  ヤクルトの高橋奎二投手が、5回2/3を投げ4安打2失点。だが、2番手の近藤が追いつかれ…。降板直後に勝ち投手の権利は消滅した。 【写真】3回途中、顔をしかめながらいったんベンチに戻った高橋  今季2度目の先発で、狙うは今季初勝利だった。二回には四球と連打で2死満塁のピンチを背負ったが、冷静に近本を空振り三振に。六回は大山に中堅フェンス直撃の三塁打を許すと、ボーアの二ゴロの間に失点を喫した。続くサンズに四球を出したところで無念の降板。106球の粘投だった。  3四球と苦しみながらも、6奪三振を奪う高橋らしさが光った。だが、2番手の近藤が梅野に四球を許すと、代打・福留に同点適時二塁打を浴びた。  ベンチで見つめていた高橋は「今日は調子自体はよかったのですが、最後、自分の力不足で投げきれず申し訳ないです」とコメント。今季初勝利は、次戦への持ち越しとなった。  高橋は9日の中日戦(ナゴヤドーム)で今季初先発。開幕ローテ入りを逃した悔しさを糧に、5回2失点と勝利投手の権利を残して降板したが、この試合でもリリーフ陣が追いつかれていた。

【関連記事】