Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「最後の最後までやりますよ」余命宣告されたニコニコ生主と交際相手の“人生の残り時間との向き合い方”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「きっかけをもらった。一日一日、本当に無駄にはできないという生き方ができている。今は逆にめちゃくちゃ楽しい」。 【映像】結婚式や精子冷凍保存も 14年連れ添うパートナーの想いとは?  そう話すのは、今年6月、「余命3カ月~半年、抗がん剤治療によって、3年は生きられる可能性がある」と宣告された力也さん(42)だ。10年前からニコニコ生放送の配信者としても活動してきたことから、“残りの人生をかけ、死ぬまで生放送”と銘打ち、日常や闘病生活の様子を『1000日後に死ぬ力也』として、ほぼ毎日配信している。  そんな力也さんを支えるのが、14年前から交際している薄子さん(32)の存在だ。「こうやって笑っていられるのは彼女のおかげ。最期を看取ってくれると約束してくれたので、もう何も怖いものはない」。  そこで『ABEMA Prime』では、抗がん剤治療の開始を目前に控えた力也さんと薄子さんに話を聞いた。

■「ごめんなさい。結婚は諦めてください」

 35歳で福井県から上京し、綿菓子屋を開店。38歳の時には、ウェブメディア『ガジェット通信』で体当たり企画を配信したこともあった力也さんは、今から10年前、32歳の頃からニコニコ生放送の“生主”として配信を続けてきた。「僕みたいに何の取り柄もないおっさんが道端で“話を聞いて”と言っても、誰も聞いてはくれないだろう。でも、配信では皆が真剣に話を聞いてくれる。そういうところが楽しい」。  しかし今年6月、1年ほど前から続いていたという下血について調べるため通院すると、ステージ1の大腸がんだと診断された。同時に別の大きな病院を紹介され、再検査を受けたところ、先月、実はステージ4だったこと、そして肝臓へ転移していることがわかったという。「“家族を呼んでください”と言われたので、“これはダメかもな”と思った。そこで自分から“どれくらい生きられるのか”と聞いた。“3カ月から半年、抗がん剤治療を受ければ、最長で3年”と言われた。“ああ、そうなのか”という感じで、そんなに動揺したり、ショックを受けたり、ということはなかった。まだ実感が湧いていなかったんだと思う」。

【関連記事】