Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全国選抜ジュニア2大会、開催中止へ「苦渋の結論」<テニス>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

JTA

日本テニス協会JTAは4日に公式サイトで、10月16日から開催を予定していた「2020RSK全国選抜ジュニアテニス大会」を中止すると発表した。 【大学王座中止「心苦しい」】 JTAは「大会開催のために、無観客および入場制限を含む様々な方策を探ってまいりまし たが、要項発表の時期が迫る中、全国から選手が移動し宿泊するという大会の性質上、出場選手やその関係者、メディア、来場者、協賛会社、運営スタッフの安全を保証することは現時点で難しく、中止せざるを得ないとの苦渋の結論に至りました」と綴った。 「今後本協会といたしましては、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックと、直後の開催となる2021年の本大会の開催と成功に、全力を尽くしてまいりたいと考えております」 また3日には10月20日の開幕を予定していた「DUNLOPジャパンオープンジュニアテニス選手権大会2020」と10月27日の「2020 Uー15全国選抜ジュニアテニス選手権大会(第39回中牟田杯)」の中止も公表した。

【関連記事】