Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北陸や北海道で局地的に強い雨 夕方にかけて土砂災害などに注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

今日18日(金)は秋雨前線や低気圧の影響で、九州から北海道にかけての広い範囲で雨が降っています。九州などは雨の峠を越えつつある一方で、北陸や北海道は夕方にかけて断続的に強い雨となり、土砂災害や道路冠水などに注意が必要です。 前線の南下に伴い、西日本の強い雨は九州南部や瀬戸内海沿岸に移ってきました。北陸や北海道にも活発な雨雲が見られ、11時までの1時間に、北海道礼文町で35.0mm、宮崎県えびの市・大口で17.0mmの雨を観測しています。24時間雨量は九州や北陸の一部で100mmを上回りました。 北海道宗谷地方では雨によって土砂災害の危険性が高まっているとして、11時現在、礼文町を対象に土砂災害警戒情報が発表されています。

北陸や北海道は午後も強い雨に注意

九州や中四国の雨は午後になると峠を越える見込みです。北海道の道北や道東、北陸は午後も断続的に雨が降り、夕方にかけて強く降るおそれがあります。総雨量が増えることで、土砂災害の危険性が増しますので、注意が必要です。 また、前線の南下に伴い、近畿や東海など太平洋側でも局地的に雨雲が発達し、雨の強まる所がありますので、午前中に日差しが届いている所でも油断が出来ません。

ウェザーニュース

【関連記事】