Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BLUE ENCOUNT、新AL『Q.E.D』収録内容&アートワーク公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 BLUE ENCOUNTが、11月18日にリリースするアルバム『Q.E.D』の収録内容とアートワークを公開した。 その他の画像  収録楽曲は、ドラマ『ボイス 110緊急指令室』の主題歌に起用され新機軸を打ち出した「バッドパラドックス」をはじめ、アニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期オープニングテーマの「ポラリス」、アニメ『BANANA FISH』第2クールのオープニングテーマ「FREEDOM」、そしてアニメ『あひるの空』オープニングテーマの「ハミングバード」など話題の楽曲を完全網羅。  また、8月28日に公開された住野よる原作による映画『青くて痛くて脆い』の主題歌となった儚くも美しい楽曲「ユメミグサ」に加えて、「STAY HOPE」をはじめ、ブルエンらしいエネルギッシュでポジティブな新曲も多数収録し、バンドとしての音楽的な進化が如実に表現された、実質“ベスト・アルバム”と言っても過言ではない仕上がりとなっている。  さらに完全生産限定盤にはDVDとして、初回生産限定盤にはBlu-rayとして映像が特典として付属される。ブルエンが2016年10月にリリースした「LAST HERO」から9月2日にリリースした最新楽曲「ユメミグサ」までのミュージックビデオ全8曲に加え、2014年から2020年までのライブヒストリーを9曲収録。ライブヒストリーについては、メンバーによる副音声コメンタリーも収録となる。  9月30日までに『Q.E.D』を予約すると、早期予約特典として「Document of STAY HOPE」視聴カードがプレゼントされる。この映像は7月10日に行われたBLUE ENCOUNTによる初めての無観客配信ライブ【STAY HOPE】が行われるまでのドキュメンタリー映像で、全国ホールツアー【TOUR2020 blue bird】が全公演中止となった中、何を考えその日を迎えたのか? メンバーのみならず普段表には出ることのないスタッフのインタビューも盛り込んだ、当日までのドキュメンタリー映像となっている。 ◎リリース情報 アルバム『Q.E.D』 2020/11/18 RELEASE <完全生産限定盤(CD+DVD+GOODS)> KSCL-3270~72 4,700円(tax out.) <初回生産限定盤(CD+Blu-ray)> KSCL-3273~74 4,700円(tax out.) <通常盤(CD)> KSCL-3275 2,800円(tax out.)

【関連記事】