Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クレーン車が倒れ住宅直撃し1歳女児ケガ 発注者・元請け・一次下請け・二次下請け…賠償責任は誰に

配信

関西テレビ

住宅の屋根から、もくもくと茶色い煙が…。大きなクレーン車が垂直に倒れ、先端が住宅にめり込んだのです。 近くに住む住民: 「ドーンって音がして、地震かなって思いました」  大阪府高槻市で起きたクレーン車の事故。地中に埋めた鉄製のくいを抜く作業中にクレーン車がバランスを崩したとみられています。  この事故で、住宅に住む1歳の女の子が軽いケガをしました。また電柱も損傷したため、周辺で一時、停電が起きました。  クレーン車の操作を担当していた工事会社の社長は、事故の原因や今後の補償について周辺の住民に説明しましたが…。 説明会に参加した住民: 「賠償などの話をざっくりとした感じでした。責任がどこかあいまいな感じで始まったところから、既にみんな不満があったと思います」  工事は、発注者から元請け業者、そこから一次下請け業者へ…。そして実際に工事を行ったのは二次下請け業者でした。  警察は業務上過失致傷の疑いで捜査していますが、今回の事故、賠償の責任は誰にあるのでしょうか?菊地幸夫弁護士に伺います。 菊地弁護士: 「責任を負う候補者となるのは、実際にクレーン車を使って作業に当たっていた方々と、その勤め先である使用者、つまり二次下請け業者です。今回は発注者、元請け業者、一次下請け業者というような段階になっていて、責任を負う候補者はその何段階目かの方々です。  ではその上の方たちは?ということになると、請負の場合、発注者は基本的に請負業者が第三者に与えた損害についての責任を負いません。請負は独立して仕事をするからです。ですから、今回だと一次下請け業者以上の方々には基本的に責任はないという風に法律はなっています。  もう一つ、どこまで損害賠償が発生するかについてですが、家が壊れてしまったのはもちろんですけれども、停電などの被害も場合によっては賠償の対象になると思われます」 (関西テレビ7月1日放送『報道ランナー』内「そこが聞きたい!菊地の法律ジャッジより)