Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「へそくり発覚!」夫に激怒する妻、妻に寛容な夫…2組の夫婦の差はどこに?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

家族に内緒の貯金、いわゆる「へそくり」をしている人は意外と多いよう。数千円単位のへそくりから数百万円規模の高額へそくりまで、金額に大小はあれど「自分だけのお金」を持っているのは心強いもの。 これからも頑張ってコツコツ貯めよう! と思った矢先に、ひょんなことからへそくりがバレてしまった…という方も少なくないようで…。

自分の小遣いをやりくりして貯めたのに…

会社員のAさん(男性・43歳)は、毎月の小遣いから少しずつへそくりをし、その額がついに10万円に達しました。 「会社の部下におごったり、自分の趣味の釣り道具を買ったりするために使おうと貯めていたお金なんです。10万円貯まったときはもう嬉しくて…、前から欲しかった釣竿を買うことにしました」 会社帰りにでも釣具屋さんに行こうと、へそくりをスーツのポケットに入れていたAさん、それが裏目に出てしまいます。なんとAさんの奥さんがスーツをクリーニングに出す際に、へそくりを発見してしまったのです。 「妻の怒りは相当なものでした。いくら『月々の小遣いをやりくりして貯めたんだ』と言っても『私は欲しいものをずっと我慢しているのに!』と散々なじられました」 結局、その10万円で今度家族旅行をしよう…ということで落ち着き、哀れAさん、10万円はすべて奥さんに没収されたそうです。

「知ってたよ」夫の意外な一言

続いてご紹介するのはCさん(専業主婦・50歳)のエピソード。Cさんは、月々の生活費の余りを、少しずつへそくりしています。25歳で結婚した当初から積み立ててきたへそくり額は相当な金額に達しました。 「特に何か買いたいものがあるから貯めているわけではないのですが、やっぱりいざというときのために、『自分だけが自由に使えるお金』は持っていた方がいいかな、と思って…」 しかし、意外なところからそのへそくりの存在が明るみに出てしまいます。 「私の姉が我が家に遊びに来たときのこと。うっかり姉が夫の前で『あなた、こつこつ貯めていた貯金がかなりの額になったらしいじゃない』と話してしまったのです。姉には『実はひそかに貯金している』とだけ伝えていたので、よもやへそくりだとは思わなかったみたいで…」 お姉さんが帰った後、夫に責められるのでは…とビクビクしていたCさん。しかし夫からは思いもよらない言葉が… 「なんと主人は『知ってたよ』と言うんです。どうやら昔、タンスにしまっていたへそくり用の通帳を偶然見たことがあるらしくて…」 「お前に家計は預けてるんだから、その中でやりくりしてくれさえすればかまわんよ」と言う夫の寛容さに、Cさんが感激したのかと思いきや…「主人にへそくりがバレたとわかった瞬間、またイチから新しく貯め直しだなぁ、とがっかりしちゃいました(笑)」 家族にバレた時点でそのお金はもう「へそくり」の意味をなさないのかもしれませんね。

【関連記事】

最終更新:
LIMO