Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

個人年金保険は入るべき?特徴やデメリットを知ろう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

公的年金(国民年金や厚生年金)と個人年金保険の違いや特徴について詳しく解説します。なぜ個人年金保険がおすすめされているのか、その理由を紹介しながら加入に関する注意点なども紹介します。 老後資金について考え始めた方や老後の生活費に不安がある方はぜひ参考にしてください。

個人年金保険とは?

個人年金保険とは私的年金とも言われ、公的年金とは別に積立を行う保険です。国民年金や厚生年金とは異なります。この記事では、個人年金保険について詳しく見ていきましょう。 国民年金や厚生年金は「公的年金」 公的年金は国民年金と厚生年金の2つ。国民年金は20歳以上60歳未満の方全員が加入する義務がある基礎年金です。厚生年金は公務員や会社員が加入する年金制度。給与やボーナスから年金保険料を算出して、保険料の半分を雇用主が支払い、残りの半分を各自で納める仕組みになっています。 厚生年金は国民年金の支給額に上乗せされるものなので、国民年金は1階建て、厚生年金は2階建て部分と表現されています。 個人年金保険は「自分で備える老後資金」 個人年金保険は3階建て部分の年金積立にあたります。個人年金保険は「個人で老後資金を積み立てる」もので、毎月決められた金額を生命保険同様に保険料として納めていきます。納めた個人年金保険料は加入した保険会社で運用されており、年金と同様に定められた年齢に達した時から支給がはじまります。 「老後の生活費を蓄えるために加入する保険」としてイメージするとよいでしょう。 個人年金保険の加入は自由 個人年金保険は公的年金とは異なり、加入は個人の自由となっています。生命保険と同じく「将来のために保険をかける(かけない)」という意味合いを持っていることから、加入意志は個人に託されます。年々平均寿命が延び、長生きが当たり前になっていることから、最近は公的年金とは別に個人年金保険に加入する人が増えていると言われています。

【関連記事】