Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「高速道路、ついに時速120キロ解禁」 つまりどういうこと? いつから始まるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 高速道路の一部路線、区間で最高速度が「時速120キロ」に引き上げられます。  警察庁は2020年7月、新東名高速道路などの一部路線、一部区間で最高速度を時速120キロに引き上げられるよう、交通規制の基準を改正する方針を決定。早ければ8月に基準改定、2020年度内に実現する見通しと報道されています。 【画像】首都高や新名神の設計速度・ネットの反応  今回は、「高速道路、ついに時速120キロ解禁」とはどういうことか、何がどう変わるのかをサクッと解説していきます。 --  高速道路の速度規制引き上げは2020年8月現在、試験的に新東名の新静岡IC(インターチェンジ)~森掛川IC間(約50キロ)と、東北自動車道の花巻南IC~盛岡南IC間(約27キロ)の2区間で、2017年に時速110キロ、2019年には時速120キロまで引き上げて安全性などの検証が行われています。  最高速度引き上げ区間は、上記の2区間に加えて、新東名の御殿場JCT(ジャンクション)~浜松いなさJCT間(約145キロ)、東北道の浦和IC~佐野スマートIC間(約53キロ)、常磐自動車道の柏IC~水戸IC(約71キロ)、東関東自動車道の千葉北IC~成田JCT(約26キロ)となる可能性が高いとされています。

最高速度引き上げが想定される区間

・新東名高速道路 新静岡IC~森掛川IC間(約50キロ) ・新東名高速道路 御殿場JCT~浜松いなさJCT間(約145キロ) ・東北自動車道 浦和IC~佐野スマートIC間(約53キロ) ・東北自動車道 花巻南IC~盛岡南IC間(約27キロ) ・常磐自動車道 柏IC~水戸IC(約71キロ) ・東関東自動車道 千葉北IC~成田JCT(約26キロ)  対象は現行で高速自動車国道における最高速度が時速100キロである車両──普通乗用車、バス、バイク、最大積載量5トン未満の中型トラックなどです。大型トラックなどの大型貨物車は現行通り時速80キロ制限のままとなります。

【関連記事】