Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

清原果耶と桃井かおりが屋上で会話交わす、「宇宙でいちばんあかるい屋根」本編映像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

清原果耶が主演を務めた「宇宙でいちばんあかるい屋根」の本編映像の一部が、YouTubeで公開された。 【動画】「宇宙でいちばんあかるい屋根」本編映像(メディアギャラリー他26件) 野中ともその同名小説を、藤井道人が実写化した本作。悩める14歳の中学生・大石つばめと、謎の老女・星ばあが過ごすひと夏が描かれる。清原が両親に新たな子供が生まれることで疎外感を抱く14歳の中学生つばめ、桃井かおりがド派手な身なりの星ばあを演じた。 映像にはつばめと星ばあが本作のキーワードでもある“屋根”について会話を交わすシーンを収録。星ばあが「自分がどんな屋根の下に住んでるか知ってる人は強いよな。自分をわかってるってことだからな」と言うと、少し考え込んだつばめは「私はどんな屋根の下で生まれたのかな」とこぼす。 同シーンの撮影で初対面したという清原と桃井。2人について藤井は「清原さんと桃井さんは正反対のタイプですが、初日からいい映画を作りたいという気持ちが通じ合っていたのを感じました」と振り返っている。 「宇宙でいちばんあかるい屋根」は、全国で上映中。 (c)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

【関連記事】