Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欅坂46が10月ライブで5年の歴史に幕、改名し再始動「これからも私たちに期待していて」

配信

音楽ナタリー

欅坂46が10月に行うラストライブを持って欅坂46としての活動に幕を下ろし、それ以降は新たなグループ名で活動していくことを発表した。 【写真】欅坂46のキャプテン・菅井友香。(メディアギャラリー他1件) 本日7月16日に配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!」を開催した欅坂46。ライブ終盤、キャプテンの菅井友香は「私たちから皆様にお伝えしたいことがあります」と神妙な面持ちで語りはじめ、5年間の活動に幕を下ろし、新たなグループとして再始動することを明かした。 菅井は「私たち自身も欅坂46に対する思い入れがすごく強いですし、ここまで半端な気持ちでグループを続けてきたわけではありません。私も大好きな欅坂46をずっと守ることができたらと思って活動をしてきました。でもこのグループとしてもっともっと強くなるために、スタッフやメンバーと話し合って決断しました。欅坂46だからこそ叶えられた夢、今ここにいないメンバーやファンの皆さんが叶えられたことがあります。数え切れないくらいの応援してくれる皆様と出会えたことは本当に誇りです」と涙ぐみ、「今まで欅坂46に出会ってくださって、欅坂46を好きになってくだって、欅坂46を支えてくださって本当にありがとうございました」とファンに感謝。そして「この2年は特に出口のないトンネルをさまよっていた状態でした。欅坂46を好きだと思えば思うほど苦しくなり執着が生まれたような気がします。でも今、グループとして強くなるために入ってきてくれた2期生、新2期生、そして1期生の28名でここから新たなスタートを切り、皆さんとたくさんの夢を叶えていけるようにがんばりたいです。強くなるためには今まで大切にしたものを手放すこともありますが、空いたスペースがまた大切なもので満たされるんじゃないかと思っています。リスタートは相当な茨の道が待っているかもしれませんが、まだ色のない真っ白なグループを皆さんと一緒に染めていけたらと思っています。欅坂46で培った経験が私たちをきっと支えてくれると信じているので、新たに強いグループになることを約束いたします。ですので、これからも私たちに期待していてください。これからも私たちの応援をどうぞよろしくお願いします」と決意を語った。 なお欅坂46としてのラストシングルは、現在イオンカードのCMソングとしてオンエア中の「誰がその鐘を鳴らすのか?」に決定した。

【関連記事】