Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新車は約100万円高なのに!? BMW Z4が中古だとスープラより断然お得な訳

配信

ベストカーWeb

    2019年5月、17年振りに復活した「スープラ」。日本国内において3代目にあたる現行モデルは、BMW社との包括提携による初の商品で、ネーミングもトヨタ「スープラ」ではなく、「GRスープラ」を名乗っている。 【画像ギャラリー】どこがどう違う? トヨタ「GRスープラ」とBMW「Z4」を比較チェック!!    クーペモデルのスープラに対して、兄弟車となるBMWは2シーターオープンカーの「Z4」を販売。新車価格もスープラの499万5000~731万3000円に対して、Z4は580万~850万円と対応するグレードで比較すると、だいたい約100万~約120万円高くなっている。   今回は登場から1年が経過したスープラとZ4の中古車相場を比較し、どちらがお買い得になっているのかを調べてみた。  文/萩原文博 写真/BMW、TOYOTA、編集部

■兄弟車ながら それぞれの個性を持ったGRスープラとZ4

    3代目となる現行型BMW「Z4」はスープラより一足早く2019年3月に日本市場に導入された。   最高出力197psを発生する、2L 直列4気筒ターボを搭載する「Z4 sDrive 20i」と、最高出力340ps(現在は387ps)を発生する3L 直列6気筒ターボを搭載する「Z4 M40i」を用意。  「Z4 sDrive 20i」は装備の異なる標準車、スポーツ、Mスポーツの3グレードを設定し、合計4グレードで展開されている。全車ミッションは8速ATを採用し、駆動方式はFRのみだ。   電動開閉式のソフトトップは50km/h以下であれば、走行中でも開閉操作が可能。開閉時間もわずか10秒の早技で行えるのが特長だ。トランク容量も281Lを確保し、実用性も十分確保されている。   一方のGRスープラは2019年5月に発表。最高出力197ps、258psと2つの仕様を用意する。2L 直列4気筒ターボと、最高出力340ps(現在は387ps)を発生する3L 直列6気筒ターボの2種類で、最高出力197ps仕様は「SZ」、258ps仕様を「SZ-R」、そして3Lターボは「RZ」に搭載されている。   ミッションは8速AT、駆動方式はFRのみというのはZ4と同じ。トランク容量はZ4より若干多い290Lを確保している。

【関連記事】