Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

9家族をたらい回しにされた17歳男の子、男性カップルがZoomを使った公聴会で養子に引き取る

配信

FINDERS

結婚して子どもをもうけるということは、男女のカップルであればごく普通であるが、同性同士のカップルは結婚することさえ難しく、子どもをもうけることも絶望的だ。 ところが、新型コロナウイルスの猛威を振るう中で、男性カップルが愛すべき我が子を手に入れたと、『Good Morning America』が報じ、注目を集めている。

80人の見守る中、養子を引き取った男性カップル

米国テネシー州に住む男性カップルであるチャド・ビアンブロッサムさんとポール・ビアンブロッサムさんは5月1日、コロナ禍の中、ウェブ会議ツール「Zoom」を利用して公聴会を開き、17歳のマイケル君を正式に養子として迎え入れた。 この特別な瞬間を目撃したのは、友人や家族、養子縁組の専門家など計80人。チャドさんは「判事はこれまで行ったZoomでの養子縁組の中で最大人数だったと言っていました」と明かした。 元々母親を亡くした後、州に保護されていたマイケル君。チャドさんによると、マイケル君は5年間、9つの家庭をたらい回しにされていたという。その後、昨年10月にチャドさんとポールさんの元にやってきた。 「マイケルが私たちのところに来た時、マイケルを養子にするのはリスクが高いと言われていました。以前、他の里親の元から逃げ出してしまったことがあったのです。しかし、私たちは実際にそれを見たわけではなかったので、断りませんでした」と話すチャドさん。そして「マイケルは来てすぐに私たちの心を奪いました。マイケルはその存在以上のことを教えてくれたのです。私たちの世界はマイケルを中心に回っています」と続けた。

住宅火災を乗り越えて養子縁組を勝ち取った3人

結婚して5年になるチャドさんとポールさん。マイケル君と出会う前に里親として数人の子どもを育てた経験もあり、マイケル君もまたチャドさんとポールさんに父親になってほしいと望んでいた。 「私たちはマイケルと同じことを望んでいました」と話すチャドさん。「マイケルのいない生活なんて考えられません」と続けた。 テネシー州の児童福祉局で家族サービス担当者を務めるアリソン・セーンさんは「ポールさんとチャドさんは大変すばらしいことに、マイケル君を引き取りたいと主張し、他では得ることの叶わない機会をマイケル君に与えました」と絶賛。そして、ポールさんとチャドさんは4月に住宅火災に見舞われたことを明かし、このことが養子縁組に影響を及ぼさないようにしたと語った。 「マイケル君と両親が一番心配していたのは、一緒にいられるかどうかでした。私はマイケル君、ポールさん、チャドさんの養子縁組にとても満足しており、将来がどうなるか楽しみにしています」とセーンさん。 チャドさんは、マイケルさんが高校3年生になり、サッカーをするのを楽しみにしているという。3人の未来、そして、養子縁組を望むすべての同性カップルの未来に幸多からんことを願いたい。

chopsticks

【関連記事】

最終更新:
FINDERS