Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【老後を自宅で過ごしたいなら】介護をする家族がケアマネジャーと上手に付き合う方法

配信

サライ.jp

取材・文/坂口鈴香 「親の終の棲家をどう選ぶ? 認知症になった母」 「親の終の棲家をどう選ぶ? 東京に戻ると冷静になれる」で登場した、両親を遠距離介護する上野さんや、「親の終の棲家をどう選ぶ? 一人娘で独身。アラフィフ女性の長遠距離介護」で登場した中澤さんは、信頼できるケアマネジャーの条件として「いつでも連絡してください」「マメに連絡をくれる」ことを挙げている。 一方で、介護が必要な人の家族がケアマネジャーに「いつでも連絡が取れるようにしてほしい」と要求するのは、「ケアマネジャーの休日を奪うもの」「働き方改革に逆行するもの」ではないかという指摘がある。 「いつでも連絡が取れるようにしてほしい」という家族は“ブラック”なのだろうか。家族はケアマネジャーの働き方も考慮するべきなのか? こうした疑問に対して、前編ではケアマネジャーの働き方に詳しい、介護サービス提供事業所の幹部に話を聞いた。 後編では、この幹部が教えてくれた「遠距離介護をする家族がケアマネジャーと上手に付き合う方法」と、実際にケアマネジャーとして働く女性の考えをご紹介したい。 【前編は関連記事から】

■「ケアマネジャーに希望する連絡手段を伝えておこう」:介護サービス提供事業所幹部

遠距離介護をする家族におすすめしたいのは、ケアマネジャーと契約するときに「遠距離であること」と「家族がほしい情報は何なのか」、そして「その情報を伝えてもらうための連絡方法、メールや電話などの連絡先」を伝えておくことです。そして親を一番みているヘルパーや施設スタッフから親について変化があればケアマネジャーに連絡がいくので、そのときは連絡してほしいと言っておきましょう。 そして、ケアプランは必ず家族に送られてきますので、しっかり確認しておきましょう。特に確認してほしいのは、「ケアプランの目標」です。ここで重要なのは、「何に対する介護サービスなのか」、それから「親本人や家族の意見が取り入れられているか」です。

■引き出しをたくさん持っておく

家族が緊急にケアマネジャーに連絡を取りたくなるのは、急病やケガなどで親御さんを病院に連れて行かねばならないケースが考えられます。 都合がつけばもちろん家族が病院に同行することになるでしょうが、それ以外の引き出しをなるべくたくさん持っておくことをおすすめします。親の住む市町村に、通院介助をしてくれるNPOや有償ボランティアなどの組織がないか、調べてみましょう。わからなければ、地域包括支援センターに聞いてみるのもよいでしょう。 ポイントは、窓口をケアマネジャーだけに絞らないことです。ヘルパーやデイサービスなどのスタッフを把握しておき、情報が入るルートをいくつか確保しておきましょう。

【関連記事】