Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「いつかは日常の光景に」あるイラストレーターの思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

男性同士のカップルが街中で手を繋いだりキスをしたり、子どもを連れてピクニックをしていたりー。 ゲイのカップルを題材にイラストを描き、SNSで発信し続けている男性がいる。イラストレーターでグラフィックデザイナーのmoriuoさん(Twitter @momomoriuo)だ。 「街中で同性カップルが手をつないでる光景が、日常の景色としてそこに存在する。そんな日々になればいいな」。そのような思いでイラストを描いているとmoriuoさんは話す。【冨田すみれ子 / BuzzFeed Japan】

「ぼく自身がたまたま同性に恋をする人だったから」

moriuoさんが10代の頃からカップルのイラストを描いている理由は、いたってシンプルだ。BuzzFeed Newsの取材に対しこう語る。 「相手が異性でも同性でも、誰かと恋に落ちて、恋愛を育むその光景ってほんとに微笑ましいなってぼくは感じるので。そんな場面を描くのが好き」 その中で男性カップルを題材に描くのは「ぼく自身がたまたま同性に恋をする人だったから」という。 雑誌などに同性カップルのイラストを描いていたmoriuoさんは、2012年ごろからFacebookにもカップルのイラストをアップしていた。 moriuoさんが6月、自身のTwitterアカウントでイラストをアップすると、5千以上リツイートされ、1万以上のいいねがついた。 Twitterでは「愛し合っているなら異性愛でも同性愛でも微笑ましい」「素敵な絵だ」と多くの反響が寄せられた。

自身の経験も交えイラストに

同性カップルが引っ越しをする様子を描いたイラスト。Twitterにこのイラストをアップした時にはこのようなキャプションが添えられた。 「男性カップルの同棲はNGという物件が賃貸はまだ多かったりするんですよね。今回は同棲を始めるカップルを描いてみました。幸せなお引っ越しです」 他のイラストをアップした際に添えた「男女のカップルのように人前で手を繋げる日が、いつかくれば」「ゲイだってもちろん淡い片想いの思い出とかあったりするわけで」という思いは、描き手のmoriuoさん自身の思いや経験でもある。 同棲に関しても、実はmoriuoさん自身が体験したことだった。8年ほど前にmoriuoさんがパートナーとの同棲のために物件を探した際、男性同士が同居するということを不動産屋や管理会社に伝えると、入居不可になることも多く、希望の物件を見つけるが一苦労だったという。 moriuoさんは「現在は理解ある不動産屋さんも増え、同性カップルの部屋探しも以前よりはしやすくなりつつあるのかも知れません」と言う一方で、同性カップルに理解のない人もまだ多いと言い、心境をこう語る。 「まず不動産屋さんに自分たちは同性愛者で、カップルであるということをカミングアウトすることからはじめなければいけないので、それが気が重く、ハードルと感じる人もまだまだ多いのではないかと思います」

【関連記事】