Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“このまま放っておいたら死んじゃう” 震えながら鳴いていた元保護ねこ 今や「何よりも大切と思える」存在に

配信

Hint-Pot

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ“なないろ猫物語”。草むらで震えながら鳴いていたところを保護されて2年8か月という“イケニャン”な黒ねこを紹介。今では愛猫が「何よりも大切と思える」存在だという、飼い主のERIKA(@erika_dosue)さんに話を聞きました。 【写真】震えながら鳴いていたという元保護ねこの“イケニャン”「はる」くん 生粋の甘えん坊な姿  ◇ ◇ ◇

人生初のねことの生活 当初は寝不足でフラフラも「苦にならず」

 きりっとした端正な顔立ちの「はる」くん。飼い主さんによると「好奇心旺盛だけど、実はビビりでヘタレ(笑)」な黒ねこです。 「はる」くんと飼い主のERIKAさんの出逢いは2017年10月18日。ひどく冷え込んだ、寒い夜のことだったといいます。 「かすかに聞こえてきたねこの鳴き声に気付きました。かれこれ30分以上鳴き続けてたので気になって辺りを見回すと、近所の草むらで震えている子ねこを見つけたんです」  近くに母ねこや飼い主がいないか、しばらく待ってみたそうですが、現れる気配もなく……。ERIKAさんが手を差し出すと、その子ねこはトコトコと寄ってきて、スリスリしながら手に乗ってきたそう。  ERIKAさんは「このまま放っておいたら死んじゃう……」と思い、迷わず保護。こうして人生初のねことの生活が始まりました。 「2、3時間置きのミルクと排泄補助のため、寝不足でフラフラになりましたが、そんなつらさ以上にもうかわいくて愛おしくて、苦にはなりませんでした」  これからの“ねこ生”が温かく穏やかなものとなるように。春の日のような毎日を過ごしてほしい。そんな思いを込めて“はる”と名付けたといいます。

甘えん坊で好奇心旺盛だけどビビりでヘタレの面も

「初対面からびっくりするほど人懐っこくて甘えん坊。行くとこ行くとこに付いてきて、眠くなると膝に乗ってきます」  そんな生粋の甘えん坊のはるくんは、高い場所に上がるのが大好きという好奇心旺盛な一面も。でも、ERIKAさんいわく「ビビりのヘタレ」だそうです。 「怖くて降りられなくなるので、タンスや食器棚に上がる度に脚立で救出しています(笑)」  手を差し伸べずにいられなかったERIKAさんの優しさが救った、はるくんの命。現在では「そこにいるのが当たり前で、まるで空気のような存在。でも何よりも大切だと思える関係です」とERIKAさん。  震えるほど冷え切っていた身体は今、ERIKAさんの腕に包まれ、温かい愛情を注がれているはるくん。これからもずっと寄り添って、いつまでも長く一緒にいられることを心から願っています。

猫ねこ部

【関連記事】