Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NSR250Rは既にプレミア化、最終型は300万円弱も【’80年代青春名車購入ガイド】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

日本車の絶頂期だった’80年代の名車たちに“高騰”の波が押し寄せている。超プレミアマシンと化した’70年代車のような状況ではまだないものの、現実的な価格で入手できる時間的猶予はそう長くないだろう。本記事では2ストロークレーサーレプリカの名機・ホンダNSR250Rの状況をレポートする。 〈関連写真×18枚〉NSR250Rは既にプレミア化、最終型は300万円弱も【’80年代青春名車購入ガイド】 ※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。

流通台数が多いにもかかわらず中古相場は天井知らず

誰もが認めるレーサーレプリカの名機とはいえ、近年、ここまで価格が上昇した絶版車も他にないだろう。’80年代中盤、2スト250ccスポーツの分野で他社の後塵を拝していたホンダ。その起死回生の一発が「NSR250R」だった。ワークスマシン・RS250RWのフルコピーを標榜し、市販レーサーのRSと共同開発された、2ストレプリカ史に輝く1台だ。  〈写真01〉【’87~’99 HONDA NSR250R】■水冷2ストV型2気筒クランクケースリードバルブ 249cc 45ps/9500rpm 3.8kg-m/8000rpm ■127kg(乾) ■F=110/70-17 R=140/60R18 ※諸元は’88年式 その相場は今、激しく上昇している。トータル10万台以上が販売されただけにタマ数は多く、今も100台以上がヒットするが、一番人気の最終型・MC28ではほぼ200万円と、新車時の3倍近くまでハネ上がっているのだ。その28でロスマンズやレプソルカラーを纏うSPモデルの美車ともなると、300万円が間近な車両も……。 20~30万円台の個体もあるが、純正部品の供給が悪化(一時話題に上った再販純正部品もほぼ完売)しているため、程度重視なら避けた方が無難。とはいえプレミア化が激しいうえ、現役時に手荒に扱われた個体も多く「中身はズタボロなのに、価格だけは相場に便乗した個体も目立つ」と嘆くショップも。その刺激的な走りには大金を費やすだけの価値があるが、購入の際は冷静に見極める目を持ちたい。 ◆スポンサーカラーのSPが鉄板。乾式クラッチやマグホイールもお宝 〈写真02〉NSRの最上位グレード「SP」は国産初のマグホイールや乾式クラッチ(‘89年以降)を装備し、年式によっては「ロスマンズ」「レプソル」といったスポンサーカラーを纏うため、中古車でも鉄板の人気を誇る。また、Jha製のチャンバーなど当時物の絶版パーツを装備した個体も流通しており、これらは部品単体でも高騰している。 ◆サードパーティ中心に維持保存に動きあり! 純正部品の供給は年々悪化中。とはいえ、最大の弱点と言えたクランクシャフトのセンターシール抜けは画期的な対策法が開発され、外装やエンジン部品、ハーネスなどに純正互換の社外品も登場している。中古相場が高騰して価値が高まる(=しっかり整備される車両も増える)ことで、パーツ開発に乗り出すショップも出てくる? 〈写真03〉井上ボーリング(https://www.ibg.co.jp)が開発した抜けないセンターシール「ラビリンスシール」はNSR全年式に対応。クランクシャフトオーバーホール時に組み込む。

【関連記事】