Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“発信力”河野大臣が宮中の様子をツイート実況

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ朝日系(ANN)

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 菅政権が掲げる行政改革の切り込み隊長に起用された河野太郎行政改革担当大臣。就任早々から期待されている「発信力」を連発し、行政改革への意気込みを語りました。  河野行革担当大臣:「こういう規制がなければこんなことができるのに、それができるような価値が生まれるような改革をやっていきたい」  16日は閣僚認証式のために皇居を訪れていました。すると、皇居内から発信力のアイテムとして多用しているツイートを連発します。総理官邸への呼び込みの際に着けていた河野大臣の地元、サッカーJ1「湘南」のマスクでは出席できないことをつぶやくと、式中にも…。「菅新総理による天皇陛下への内奏が終わり、陛下は官記にご署名中。その間、千草千鳥の間で待機しながら、順番に正殿松の間で所作のリハーサル」とツイート。「この場所でツイートする人初めて見た」「携帯ってずっと触っていていいんですね」「こういうことをされるのですね!国民に分かりやすい実況中継をありがとうございました」と感謝や応援の声が多数上がりました。その後、正式に決まった就任会見ではある慣例を一刀両断。  河野行革担当大臣:「例えば、この記者会見も各省に大臣が散ってやりゃあ、もう今ごろ皆が終わって寝てますよね」  実はこの就任会見、閣僚が順番で行っていて、河野大臣は20人の閣僚のなかで15番目に登壇。午後10時50分すぎに始まった会見はすでに日が変わり、午前1時をすぎていました。  河野行革担当大臣:「それを延々、ここでやるっていうのは前例主義、既得権、権威主義の最たるものだと思いますので、こんなものさっさとやめたらいいと思います」

テレビ朝日