Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MF食野亮太郎がデビュー戦でAT劇的同点弾!! 後半41分投入から強烈ゴラッソ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

[9.20 ポルトガルリーグ第6節 トンデラ1-1リオ・アベ]  ポルトガル・リーグは20日、第1節を各地で行い、MF食野亮太郎所属のリオ・アベがトンデラと対戦した。ベンチスタートだった食野は後半41分に投入されて新天地デビューを迎えると、アディショナルタイム2分にペナルティエリア内左寄りからGKの脇下を抜く同点弾。これで追いついたリオ・アベが勝ち点1を獲得した。  試合は前半9分、FWサルバドール・アグラの右コーナーキックからDFリカルド・アウベスがヘディングシュートを決め、トンデラが先制。さらに20分、トンデラは左サイドからのクロスに合わせたFWペドロ・アウグストのボレーシュートが左ポストに当たった。  リオ・アベは前半31分、MFニコラ・ジャンボールのFKがクロスバーに直撃。後半に入ってからは主導権を握り、セットプレーやロングボールを中心に相手ゴールに迫ったが、GKのビッグセーブにも阻まれてなかなか得点を奪えなかった。  それでも後半41分、食野がピッチに投入されると、わずか6分後に試合が動いた。中盤でMFチコ・ジェラルデスがボールを奪うと、ドリブルで駆け上がって右サイドに斜めのパスを送り、ここに食野が反応。そのままペナルティエリア内左を攻め込み、左足でGKの脇下を抜くシュートを突き刺した。  昨季はスコットランドのハーツでプレーし、今季からポルトガルで武者修行中の食野にとってはこれがデビュー戦での移籍後初ゴール。チームはこの1点で追いつき、勝ち点1をもぎ取った。

【関連記事】