Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国道357号の東京港トンネル(東行き)が開通して1年余り、湾岸地域の交通が大きく変化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Park blog

千葉、東京、神奈川を結ぶ国道357号・東京湾岸道路は、東京湾沿いの重要港湾施設や羽田空港を結ぶ一般国道だ。まだ全線が開通しておらず、各所で建設や立体化工事などが進められている。2019年6月に開通したのが、東京港トンネルの東行き(千葉方面)で、これにより同トンネルは東西両方向が開通。湾岸地域の交通を一変させることとなった。 【写真を見る】この記事に関する写真はこちら!

 国道357号・東京湾岸道路(※1)の東京港トンネルは、品川区八潮2丁目(大井地区)と江東区青海1丁目(お台場地区)を結ぶ延長1.9kmの海底トンネルだ。神奈川方面へ向かう西行き(海側)が2016年3月に開通し、千葉方面に向かう東行き(内陸側)は2019年6月に開通した。 ※1 国道357号・東京湾岸道路について:東京湾岸道路とは、正確には東京湾沿いに建設された高速道路と一般国道(自動車専用部+一般部)で構成される道路群の通称だ。高速道路は、首都高・B湾岸線やE51東関道、E16横浜横須賀道路、CA東京湾アクアラインなど。一般国道は357号の全区間、14号および16号の一部区間などで構成される。なお東京湾岸道路という通称は、国道357号単体の通称としても用いられている。また国道357号自体の延長は約80km。

東京港トンネル・東行きは開通1週間で1日1万2000台以上が利用する大動脈に

 東京港トンネル・東行きの交通量は、2019年6月3日に開通して1週間後(速報値)、1か月後、約半年後(2019年11月~12月)の3回の発表が行われている。以下の通りだ。 【東京港トンネル・東行きの交通量】 ●開通1週間後:約1万2100台/日(2019年6月11日・12日の平均値) ●開通1か月後:約1万3300台/日(2019年7月2日、9日の平均値) ●開通半年後:約1万3600台/日(2019年11月28日、同年12月3日の平均値) 出典:交通量調査結果(川崎国道事務所)  開通が待ち望まれていたことを示すかのように、開通後1週間で1日の交通量が1万2000台を超えている。半年後の時点でそれから約1500台/日の増加しかないところを見ると、一気に従来ルートから切り替えたドライバーが多いといえるのではないだろうか。  なお2019年11~12月時点での西行きの交通量は約1万7700台/日で、合計すると東京港トンネルは約3万1300台が1日に通行している計算だ。

【関連記事】