Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「性欲の暴走」ではない 知っておきたい“セックス依存症”の実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

かつてはクリントン元大統領やタイガー・ウッズのセックス・スキャンダルで話題とりましたが、今回の某芸能人の複数不倫報道を機に再びクローズアップされることとなった「セックス依存症(性依存症)」という病気。この病気の本質は、暴走した性欲が原因なのでしょうか。本稿では、今巷で話題になっているセックス依存症の本質に迫ってみたいと思います。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【解説】 斉藤 章佳(精神保健福祉士・社会福祉士/大船榎本クリニック精神保健福祉部長) 1979年生まれ。大卒後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとして、約20年に渡りアルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・児童虐待・DV・クレプトマニアなど様々なアディクション問題に携わる。その後、2020年4月から現職。専門は加害者臨床で現在まで2000名以上の性犯罪者の治療に関わる。また、都内更生保護施設では長年「酒害・薬害教育プログラム」の講師をつとめている。小中学校では薬物乱用防止教育をはじめ、大学でも早期の依存症教育に積極的に取り組んでおり、全国での講演も含めその活動は幅広くマスコミでも度々取り上げられている。著書に『性依存症の治療』金剛出版.2014(共著)、『性依存症のリアル』金剛出版.2015(共著)、『男が痴漢になる理由』イースト・プレス.2017、『万引き依存症』イースト・プレス.2018、『小児性愛という病-それは、愛ではない~』ブックマン社.2019、『しくじらない飲み方-酒に逃げずに生きるには』(集英社)、その他論文多数。

【この記事の監修医師】 榎本 稔(医師・医学博士/医療法人社団明善会名誉理事長) 1935年生まれ。東京大学教養学部理科2類修了、東京医科歯科大学医学部卒業、山梨大学保健管理センター助教授、東京工業大学保健管理センター教授。1992年榎本クリニック開院、1997年より現職。日本「祈りと救いとこころ」学会理事長、日本「性とこころ」関連問題学会理事長、日本外来精神医療学会名誉理事長、日本精神衛生学会理事など。主要編著に『やめられない人々』(現代書林)、『メンタル医療革命』(PHP研究所)、『ヒューマンファーストのこころの治療―現代病が増えつづける日本の社会―』(幻冬舎)、『アルコール依存症~回復と社会復帰』(至文堂)、『こうして酒を断っている』(太陽出版)、『医者と患者』(平凡社)、『榎本稔著作集』(日本評論社)、『依存症がよくわかる本~家族はどうすればよいか?』(主婦の友社)、『性依存症の治療 暴走する性・彷徨う愛』(金剛出版)、『性依存症のリアル』(金剛出版)ほか。

【関連記事】