Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフィア・コッポラ「オン・ザ・ロック」10月2日公開! ビル・マーレイ&ラシダ・ジョーンズが共演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画.com

 [映画.com ニュース] ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ「On the Rocks(原題)」が、「オン・ザ・ロック」の邦題で、10月2日から公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルと予告編がお披露目された。 【フォトギャラリー】「オン・ザ・ロック」場面写真  コッポラ監督がニューヨークへの溢れる思いに軽快なタッチをブレンドして描くのは、父娘ならではの世代の違いが生む衝突、現代の家族のややこしくておかしな繋がり。ニューヨークに暮らす若い母親が、結婚生活に疑いを持つようになり、稀代のプレイボーイである父親と一緒に夫を尾行するさまを描く。ビル・マーレイ、ラシダ・ジョーンズ、マーロン・ウェイアンズが出演している。  順風満帆な人生を送っていたローラ(ジョーンズ)は、夫ディーン(ウェイアンズ)が新しく来た同僚と残業を繰り返すようになったことで「良からぬことが起こっているのでは……」と疑いを抱く。そこで、ローラは男女の問題に精通しているプレイボーイの父親フェリクッス(マーレイ)に相談を持ち掛けることに。フェリックスは、ローラにこの事態を調査すべきだとアドバイスし、父娘2人で夜のニューヨークへ。アップタウンのパーティーやダウンタウンのホットスポットを駆け巡るうちに、2人は自分たち父娘の関係について“ある発見”をする。  予告編は、フェリクッスが悩めるローラに対して「男はすべての女性を支配し妊娠させたいと思っている」「女性は35歳から39歳が最も輝く」「彼はお前を崇めるべきだ。何かあれば知っておかないと」と持論を述べる光景を活写。ローラから「楽しそうにしないで。私の人生が懸かってるの」と苦言を呈されつつも、ディーンの尾行へと誘う様子が映し出されている。  「オン・ザ・ロック」は、10月2日から全国公開。10月23日からは、Apple TV+で配信される。

【関連記事】