Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若槻千夏 売れたくても「抱かれるな」と助言…「私の時代、周り結構いなくなった」

配信

デイリースポーツ

 タレント・若槻千夏(36)が29日深夜、カンテレで放送された「関ジャニ∞のジャニ勉」(水曜、24・25)に出演。長く芸能界で活躍したいなら守るべきこと、として女性タレントに向け、“番組MCやプロデューサーには抱かれるな”と助言した。  2000年代前半から明るいキャラクターとどんなMCにも対応できる頭の回転の速さでバラエティー番組に引っ張りだことなり、大ブレークした若槻。体調を壊し、2006年ごろからテレビ出演などの芸能活動をほぼ休止したが、15年末に完全復帰した。  若槻は「私の時代が最後だと思うんですけど、“抱かれる時代”だったんです」と衝撃発言。「その後からSNSでみんながつぶやけるようになって、そういうのがなくなった」とはいうものの、「私の時代(2000年代)は、けっこう、周りが抱かれていなくなっちゃったんです」とぶっちゃけた。  若槻によると、“抱かれる”女性タレントには(1)売れようと思って抱かれに行く子 (2)良い子すぎて抱かれちゃう子--の2パターンがあるといい、「良い子過ぎて抱かれちゃう人、まだいると思うんです。長い目で見たら、続かないです。1回でも抱かれたら、2、3回その人の番組には出れます。だけど、その先がないんです」と心配そうに訴えた。  若槻自身、「相づちがうまいというだけで」ある大物のMC番組に頻繁に出演させてもらっていたが、「あるグラビア(タレントの)準レギュラー」から「あなたさ、○○さん、何回抱かれたの?」と聞かれ、驚いたことを告白。「何、その質問!何回?って聞くっていうことは、お前、抱かれとるやないかい」と思ったことを明かしていた。

【関連記事】