Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブレイザーズのCJ・マッカラムが再開シーズンへの参加を表明「参加することが個人的には最善」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッカラムが、再開されるシーズンへの参加を表明したと、地元紙『オレゴニアン』のマット・コーヘン記者が報じた。 報道によると、マッカラムは当初、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかでのシーズン再開に懸念を抱いていたが、地元オレゴン州の記者団との電話会議にて参加する意思を以下のように伝えたという。 「再開されるシーズンへの参加を見送ることを本気で考えていた。もし過半数以上の選手が不参加を決意していたら僕も参加しなかっただろう。けど、僕には小さな子供がいないし、祖父母と住んでいるわけではないから、参加することが個人的には最善だと思ったんだ」 デイミアン・リラードに次ぐトレイルブレイザーズの主力としてチームを牽引するマッカラムは今季、平均22.5得点、4.1リバウンド、4.3アシスト、フィールドゴール成功率45.3%、3ポイント成功率38%をマークしている。 今季を通してディフェンス面が課題となっていたトレイルブレイザーズにとって、優秀なディフェンダーであるトレバー・アリーザのシーズン不参加は大きな痛手となってしまうが、ゴール下の守護神であるハッサン・ホワイトサイドや、怪我から復帰したビッグマンのザック・コリンズとユスフ・ヌルキッチといったディフェンス面で貢献できる選手が再開されるシーズンに参加する予定となっている。 プレイオフ進出を目指すトレイルブレイザーズは、カンファレンス8位(32勝33敗)のメンフィス・グリズリーズと3.5ゲーム差で同9位(29勝37敗)につけており、シーディングゲーム(再開後の8試合)では、グリズリーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、サクラメント・キングス、サンアントニオ・スパーズ、フェニックス・サンズと、最後のプレイオフ進出枠をかけて戦う予定だ。

NBA Rakuten