Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで今後の旅行スタイルは変化は?【現役トラベルライターが未来予想】|CLASSY.

配信

magacol

引き続き自粛生活が続いていますが、ウイルスが蔓延してしまった今、今後の旅行スタイルはどう変わっていくのでしょうか?トラベルライターである筆者が、これからの旅業界を未来予想!「海外旅行は行けるの?」「withコロナ時代の旅行スタイルって?」など、解説します! コロナで緊急事態宣言中「用意しておいて良かったもの」4選

国内旅行&近場旅行がしばらくトレンドに!

ご存知の通りコロナウイルスは日本だけの問題にあらず、日本以上に大変なアメリカやヨーロッパ諸国は事態もより深刻です。海外旅行に行けようになるには、各国のコロナ終息の兆しが見えてからになるので、短くても年内~1年くらいは海外渡航は難しい状況が続くでしょう。 旅行に行くとすれば、国内旅行が最初に回復しそう。しかも近場を旅行するマイクロツーリズムがトレンドになりそうです。電車やバス、飛行機を使う長距離移動は、どうしても密の空間を避けられないのがネック。マイカーで行ける近場旅行であれば、人との接触を軽減させられるため、比較的安心です。これを機会に地元地域の魅力を発掘して、新しい楽しみを見つけるのもいいかもしれません!

一棟貸しスタイルの宿が流行る予感

抗ウイルス薬の候補はいくつか出てきていますが、ワクチン開発にはまだ時間がかかる見通しの今、しばらくはwithコロナを覚悟し生活していく必要が高まってきました。そうなってくると旅行で宿泊する宿も、可能な限り人との接触を避けるのがベター。そこで注目されるのが一棟貸しやおこもりステイ型の宿泊施設です。コテージや一軒家タイプの宿泊施設なら、人と接触せずに過ごすことも可能。おこもりステイで楽しめる施設であれば、移動もなく過ごせますよね。しばらくはこのような独立型の宿泊施設が流行りそう!

キャンプなどのアウトドア系の旅行スタイルも人気の兆し

密を避けるといった観点でもう1つ良さそうなのが、自然の中で過ごすキャンプやグリーンツーリズムなどのアウトドア系の旅行スタイル。近年、おひとりさまで行う「ソロキャンプ」なども流行ってきていますが、その波がさらに加速しそうな予感です。閉鎖された密封空間ではないし、自分のキャンプ道具を使えば衛生面も安心。自然のフレッシュな空気を吸いながらのキャンプすれば、何となくウイルスも近寄らなさそうな気がします。

【関連記事】

最終更新:
magacol