Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「超特急」音楽と映像融合の8・1新音楽イベントはコロナ禍で中止に

配信

中日スポーツ

 男性5人組ダンス&ボーカルグループ「超特急」が、新型コロナ感染防止を考慮し、8月に予定していた新音楽イベントを中止すると発表した。  8月1日に大阪・Zepp Osaka Baysideで振り替え公演を予定していた「LivejackEX アングルvol.1×超特急」で、関西テレビ(カンテレ)が主催、テレビ局ならではの演出によって音楽と映像の融合で魅(み)せる新たな取り組みとして、第1回のアーティストに超特急が抜てきされていた。  新型コロナ対策の緊急事態宣言は解除されたが、準備を進めてきた開催方法では感染防止の十分な対策が困難であることから中止を決め、全チケットを払い戻しすることとした。  新たな挑戦として、なんとか開催できないかとあきらめずに期待していた超特急。リーダーのリョウガ(25)は「カンテレさんとのイベントが惜しくも中止…。非常に残念ですが、いつか必ずまた形にしたいと思っていますので、どうか皆さまお体に気をつけてお過ごしください」とコメントを寄せた。  また、7月15日に開催を予定していた「TOKYO FM 超特急 『FM STATION』 SPECIAL TALK&LIVE」も、観客、アーティスト、関係スタッフの健康・安全面を考慮し、再延期となった。振り替え公演は決まり次第発表する。

【関連記事】