Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“歌唱王”駒津柚希が歌う意味とは?「お客さんと心が通じ合う感じ」<THE MUSIC DAY裏配信>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

櫻井翔が総合司会を務める音楽特番「THE MUSIC DAY 2020」(9月12日[土]昼2:55-夜10:54、日本テレビ系)が、千葉・幕張メッセから放送。「人はなぜ歌うのか?」をテーマに、個性豊かなアーティストが、さまざまな思いを歌で届けている。 【写真を見る】欅坂46、メンバー内ではやっているのは「口癖でみんな“ぴえん”って(笑)」 地上波生放送と並行してTikTok、LIVEPARKで「裏配信☆大魔王の部屋」(昼2:40ごろ-夜10:54予定)を配信中。古坂大魔王、市來玲奈アナが「THE MUSIC DAY―」出演アーティストを迎え、赤裸々トークを随時展開している。 昼5時40分ごろ、裏配信ブースに「歌唱王2019」(日本テレビ系)で優勝を果たした駒津柚希が登場。 「歌唱王2019」優勝後、音楽番組初登場となる駒津は、MIYAVIと共にSuperflyの「タマシイレボリューション」を披露した。 ステージの感想を聞くと、駒津は「緊張しましたが、でもMIYAVIさんが『自由でいいよ、そのままでいいよ』と言ってくださって勇気をもらったし、楽しくできました。本番はリハーサルと全然違う即興もあって、どうなっているか自分でも分かっていないんですけど、(見ている方が)楽しかったらいいなって思います」と明かした。 また、「人はなぜ歌うのか?」という当番組のテーマにちなんで、「歌う意味」について聞くと、「私は口下手というか、おしゃべりするのがちょっと苦手で。そういうときにライブで歌うとお客さんと心が通じ合う感じがして、それがすごく自分の中で力になります。だから歌い続けたいなって思うし、それが私の歌う意義だと思います」と答えた。 最後に、今後の目標について「(ライブができるようになったら)会場いっぱいにお客さんがいてくれて、そこで一緒に一体感をもって楽しめるようなアーティストになりたいと思います」と語った。 (ザテレビジョン)

【関連記事】