Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【速報】錦織が全仏OP6年連続で初戦突破。フルセットでシード勢破り、約1年ぶりのGS復帰戦で勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE TENNIS DAILY

現地27日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)大会初日。男子シングルス1回戦で、世界35位の錦織圭(日本/日清食品)が、第32シードのダニエル・エバンズ(イギリス)と対戦。錦織が1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4でフルセットの末勝利し、約1年ぶりのグランドスラム復帰戦を勝利で飾った。また「全仏オープン」で6年連続の初戦突破となった。試合時間は3時間49分。 【実際の映像】錦織、GS復帰戦を勝利で飾り、チームKeiとグータッチ! 昨年6月の「全仏オープン」4回戦以来の第5セットを戦うことになった錦織。その錦織のサービスゲームからスタート。 錦織は第1ゲームをキープし悪い流れを断ち切ると、第2ゲームで0-40の大チャンスに。1本しのがれたが、ネット際の攻防を制してブレークに成功する。 第3ゲームでは簡単なチャンスボールをイージーミスし、ブレークバックのピンチに陥るが、落ち着いてドロップショットを決めてキープ。だが、第5ゲームで今度は0-40の大ピンチに。じっくりロングラリーをしたものの、しのぐことができずブレークバックを喫する。 更に第7ゲームでもショットがロングとなりピンチに。ここは相手のリターンミスに助けられて、なんとかしのぐ。第8ゲームではエバンズにラブゲームでキープされるが、第9ゲームで錦織もこの日初めてサービスエースを決めて、負けじとラブゲームでキープする。 そして第10ゲームでマッチポイントとなるブレークポイントを握ると、これを取り切り、1年ぶりのグランドスラム復帰戦を勝利で飾った。また第5セットまでもつれた試合では、通算で24勝6敗となった。 勝利した錦織は2回戦で、世界73位のステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦する。トラバグリアは、世界50位のパブロ・アンドゥハル(スペイン)を破っての勝ち上がり。 (テニスデイリー編集部) ※写真は「全仏オープン」での錦織圭 (Photo by Julian Finney/Getty Images)

(c)テニスデイリー

【関連記事】