Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今平周吾は61位で終戦「勉強してまたメジャーで頑張りたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフネットワーク

 海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権は20日、ニューヨーク州のウィングドフットゴルフコースで最終ラウンドが終了。今平周吾は2バーディ、6ボギー、4ダブルボギーの「82」で回り、通算25オーバー単独61位に終わった。 【動画】ブライソン・デシャンボー全米オープン優勝の瞬間 ―4日間を振り返って (最終日は)初日とは全く違うコンディションで、グリーンも硬くて速くなって風も強くなったので、そういう中で自分の思った通りのプレーができなかったのが、ちょっと残念です。  なかなかこういうゴルフ場でやる機会も少なくて、凌ぎ切れないところも何回かあったので、そういうところを勉強してまたメジャーで頑張りたいと思います。 ―難コースで得た収穫と課題は?  難しいコンディションでは集中力が大事になると思いますが、そういうところが欠けてしまったところがあったので、次回に活かしたいなと思います。 ―今後の予定  ZOZOチャンピオンシップとマスターズが決まっているので、それに向けて練習していきます。

【関連記事】