Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ノーヒットノーラン目前から一転。千葉英和が逆転に成功し優勝候補・中央学院を撃破!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 9月21日、千葉英和は優勝候補と目される中央学院を2対1で破り、ベスト16進出を決めた。 【トーナメント表】秋季千葉県大会20日までの結果  試合は9回表まで中央学院の先発・細谷 怜央ペース。最速140キロの速球、キレのあるスライダー、カット系の変化球、フォーク、カーブを完璧に攻められ、無安打。しかし9回表、志村眞斗が中前安打を放ち、ここまで好投の細谷からエース・飯尾 嶺が登板。犠打2つ失敗し、二死一塁。中央学院がうまくアウト2つをとったが、3番北条竜太郎の中超え適時二塁打で同点に追いつくと、4番長岡大生のライト線を破る適時打で勝ち越しに成功した。  千葉英和はこの1点のリードを守り切り、3回戦進出を決めた。  千葉英和の仁井田監督は「新チームが始まったときからビハインドの場面から逆転することは意識していました。逆転の瞬間は鳥肌が立ちました」と指揮官も驚きの逆転劇でベスト16入りを決めた。  また好守備、勝ち越し打を放った長岡は「とにかくランナーがいたので、どうにかつないで1点を取れればと思っていたのでよかったです」と笑顔を見せた。  なお千葉英和はこの秋からスクールカラーのグリーンを踏襲し、イエローからグリーンを基調にしたユニフォームに変更をしている。ベンチ入り選手も1年生主体で、ある意味、生まれ変わった千葉英和に注目だ。

【関連記事】