Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Hameeが小学生向け“プレスマホ”を発表 月額1000円で1GB、Google Playにも対応

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia Mobile

 Hamee(ハミィ)は9月30日、キッズ向けのスマートフォン「HAMIC POCKET(ハミックポケット)」を発表した。2021年の提供を予定しており、発売前に1000人の無料モニターを募集するキャンペーンも実施する。応募は、同日17時よりInstagramで開始され、後日Twitterでも実施される予定だ。 端末価格と月額基本料  HAMIC POCKETは、3.0型のディスプレイを備えるAndroid搭載のスマートフォンだ。耐衝撃性のある専用のTPUケースを装着した状態での使用が前提であり、ケースを含めてのサイズが55.3(幅)×105(高さ)×18.4(奥行き)cm、重量は118.5g。小学生の小さな手にもなじむサイズ感に整えられている他、指紋センサーも備えており、生体認証でのロック解除などに対応。IP64の防水・防塵(じん)性能も備える。  端末価格は1万5000円(税別、以下同)。通信サービスはIIJが提供し、月額1000円で月1GBまでのデータ通信プランで運用でき、使わずに余った通信量は1カ月分のみ翌月に繰り越せる。保護者がどの通信キャリアを契約していても利用可能だ。また、契約期間に縛りはない。通信プランの契約は、端末が届いたタイミングで自宅から行える。  Hameeは、スマホケースとして人気の「iFace」シリーズを展開するメーカーだ。ケースの質感やデザインは、従来のキッズケータイとは異なり、大人用のスマートフォンに近いものとなっている。なお、左上部の角には、ストラップホールを備えており、周辺機器としては、ランドセルに装着するための専用ポーチ、カバンに付けるためのカラビナ、首からさげるためのネックストラップが用意される。  防犯ブザーを備えており、ひもを引っ張ることで警報音が鳴るとともに、保護者の端末に位置情報が送信されることも特徴だ。同社によれば、Android搭載のスマートフォンとしてひもで引く防犯ブザーを備える端末は日本で初めてとのこと。  OSには「Goエディション」のAndroidを採用する。保護者の確認を通せば、Google Playストアからのアプリインストールも可能。デフォルトのホーム画面には、「カメラ」アプリ、撮影した写真を確認できる「アルバム」アプリ、通話やメッセージでの連絡が可能な「はみっく」アプリなどがそろう。はみっくアプリは電話番号を利用しないため、知らない連絡先からの着信などによるトラブルを避けられる。また、連絡内容を親がチェックできるという安心仕様である。  端末の初期設定の際には、「Googleファミリーリンク」の設定手順が必要。これにより、アプリインストールの管理や利用時間制限、利用状況の見守り、フィルタリング、位置情報の確認などが行えるようになる。  同機の販売開始予定は2021年だが、事前に1000人のモニターに無料で試用してもらう「はじめまして! HamicPOCKET無料モニター1000人キャンペーン」を実施する。同キャンペーンへの募集は、まず9月30日の17時からInstagramの公式アカウントで始め、その後Twitterでも実施する予定。応募締め切りは2020年の10月30日だ。同キャンペーンでは、端末代金と1年間の月額基本料が無料となる。対象となるのは、6歳以上の子どもを持つ家庭。

【関連記事】