Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゲッターズ飯田が教える「運気がいい人が食べているもの」と「買い物テクニック」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

占い師・ゲッターズ飯田が、運気が上がる食べ物や買い物テクニックを紹介した。 ゲッターズ飯田が話をしたのは、J-WAVEで9月25日(金)までオンエアしていた『GOLD RUSH』(ナビゲーター:小宮山雄飛<ホフディラン>)のワンコーナー「CUSTOMLIFE MEET UP」。飯田は最終回に登場した。

運気がいい人は「自分は運がいい」と言う

まず、ゲッターズ飯田が、運気が上がる考え方を伝授した。 小宮山:よい運気というものは、自分で作ることが可能なのでしょうか。 飯田:はい。何をやっても運気がいいなという人には共通点がありますので、そちらをご紹介します。まず、人気の芸能人は、だいたいの方が「自分は運がいい」と言うんですね。なので、その言葉を口癖にしてください。あと、どんなことでも楽しんでください。そうすることで、勝手に運気がよくなります。 小宮山:(ホフディランの)ワタナベイビーはいつも「運がいい」「女神に愛されている」とか言います。だいたいのことは僕がやっているんですけどね(笑)。あとは、楽しむことが重要なんですね。 飯田:ネガティブであること自体は悪いことではないんですよ。勉強する場合はマイナスで物事を考えると効果的ですしね。ただ、ポジティブでいることは行動にプラスの効果を与えるので、動くときは前向きに考えることが大切です。

食べるだけで運気が上がる!?

続いて、運気がいい人がよく食べるものを紹介した。 飯田:運のいい人のラッキーフードは、ずばりチョコレートとたこ焼きです。チョコレートが好きな人で不運な人はあまり見たことがないです。一日一欠片でもいいので食べると、運気が少し上がります。 小宮山:たこ焼きはどうしてですか? 飯田:たこ焼きはテンションが高いときしか食べないイメージがありますよね。たとえ落ち込んでいたとしても、元気を取り戻すための食べ物だと思うんです。そういう意味でたこ焼きってラッキーフードだなと思います。 小宮山:たこ焼きって縁日のイメージもあるし、たこ焼きパーティも楽しいですもんね。なるほど。

【関連記事】