Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

64年東京五輪で最終聖火ランナー務めた坂井義則さんの最期

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【東京五輪への鎮魂歌 消えたオリンピアン】坂井義則さん(上)  1964年10月10日、国立競技場での東京オリンピック開会式。93の国と地域の5000人を超える選手団が入場した午後3時すぎだ。7万4000余人の大観衆が見守る中、最終聖火ランナー坂井義則が右手でトーチを持って競技場に姿を現した。トラックを走り、聖火台への階段を一気に駆け上がった。 「聖火台に立ちます。日本の秋の大空を背景にすくと立った坂井君。燃えよ、オリンピックの火。フェアプレーの精神で競え、世界の若人……」  NHKアナの北出清五郎がそう実況した際の視聴率は、何と民放局と合わせれば80%を超えた。  あの日から56年の星霜を経た。生前、坂井は私に当時を語っている。 「組織委員会からは『きれいなフォームで、見栄えよく、3分でやれ』と言われていた。聖火台の下には4機のガスボンベがあり、係員がバルブを開くとガスが上がってくる音がかすかに聞こえる。そこで『やってやる!』という思いでトーチを近づけ、点火したわけだね。後で映像を見たらぼくは笑顔だったし、聖火台からは富士山がはっきりと見えた。あの光景も忘れられない」  そして、こうも言った。 「驚いたのは、その後だね。トーチの火を消そうと水の入ったバケツに突っ込んでもなかなか消えない。つまり、開会式が雨天になったときを想定してトーチを作った。日本の技術者は凄いと思ったよね」  広島県三次市出身で早稲田大1年生の19歳。坂井が最終聖火ランナーに選ばれた大きな理由は、くしくも誕生日が広島に原爆が投下された45年8月6日だったからだ。  だが、決定まではメディアがスッパ抜き合戦をした。当時のスポーツ界は早稲田閥の日本陸連が主導権を握っていたため、陸連本部の金庫が破られ、幹部の自宅に盗聴器を仕掛ける事件も起きた。スクープしたのは朝日新聞。坂井は振り返り語った。 「6月のオリンピック代表陸上選手選考会の準決勝で敗退。やけくそで実家に帰っていたら朝日の記者が来て、ぼくを強引に汽車に乗せた。まずは大阪に行き、伊丹からセスナ機で羽田まで飛んだ。それからはもうホテルで拉致状態だったよね。国立競技場に連れて行かれて写真を撮られ、朝日が号外でスッパ抜いたんだが、NHKまでがニュースで『坂井君の行動はけしからん!』などと報道する。参ったよねえ」  アジア初のオリンピックは大成功に終わった。「日本オリンピック」とも称され、それを契機に日本は、本格的な高度経済成長時代を迎えて経済大国へと突き進む。早稲田大卒業後にフジテレビに入社した坂井は、同僚に言っている。 「ぼくには誕生日が2つあるんだ。8月6日と10月10日なんだよね」  東京オリンピックから50年目の2014年。その中間の日である9月10日だ。坂井義則は69歳で泉下の人となった――。 (つづく) ▽さかい よしのり(東京オリンピック、最終聖火ランナー) 1945年広島県生まれ。66年アジア大会陸上400メートル銀メダル、1600メートルリレー金メダル。68年フジテレビに入社し、報道部とスポーツ部に37年在籍。主にスポーツ番組を手がける。 (岡邦行/ルポライター)

【関連記事】