Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ドスケベキツネ」と呼ばれたロンブー淳、イクメンキャラに変身?

配信

SmartFLASH

 4月14日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が子育てについて語った。 「理解できない淳の言動」として、FUJIWARA・藤本敏史が「仕事の合間に子供の話をしてきた」と明かす。  結婚前は淳のことを「ドスケベキツネ」と呼んでいた藤本だが、「いままで好き勝手やってきて、いろんな人と浮き名を流してきた淳が子供のことを聞いてくるのがショック」という。続けて「お前、イクメンキャラになろうとしてんの?」とツッコんでいた。  その話に淳は、子供の話をしたのは事実と認め、「芸能界で教育が一番うまいのはあの(藤本)夫婦と誰かから聞いて相談したけど、いまとなっては大したことなかった」と苦笑。  淳は娘が生まれた際、千鳥の大悟から思わぬプレゼントをもらったという。ペットボトルに煙草の箱の切れ端や虫の抜けがらなどを入れて「音が鳴る」と渡された。淳の娘は意外にも気に入っていたらしい。  また、品川庄司・庄司智春によると、淳は自分の娘に向けて日記を書いているという。その日記は何十年も書きためて、娘が結婚したときに渡すとのことで、庄司は「重くないですか?」と語っていた。淳は「生きていく上でどんな人が危ないのか? とか気づいたことを書きとめている」と明かす。博多大吉は「素敵なプレゼント」と語るが、みちょぱは「いや、(日記を渡されても)読まないです。ただの自己満です」とバッサリ。  同番組で淳は、娘と人形劇を一緒にやった映像も公開。家庭ではよきパパなのだ。

【関連記事】