Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これ考えた人「天才…!」 小学校のコロナ看板が面白いと反響

配信

沖縄タイムス

 沖縄県のうるま市立宮森小学校(新垣桂校長)が児童向けに設置した看板が話題だ。「5+6+7=18」の計算式に「コロナはイヤ」と振り仮名が振られ、新型コロナウイルス対策を呼び掛けている。奇抜な発想にツイッターでは「天才…!」とのコメントと共に写真をアップする人も。同校は「子どもたちには楽しく感染防止対策をしてほしい」と話す。 【写真】3Dプリンターを使いマスク量産 沖縄米軍が見せた底力  同校は、休校期間中の子どもたちに新型コロナへの注意喚起をしようと、4月下旬から教員らが製作した看板を学校周辺に設置している。内容は「世界を救おうわが家から」など6種類あり、健康で前向きに休校期間を過ごしてほしいとの願いを込めた。  「5+6+7」の語呂合わせは地域住民や保護者からも「面白い」と反響が大きいという。市内では21日に小中学校が再開する予定だ。新垣校長は「元気な子どもたちに、また会えるのを楽しみにしている」と話した。

【関連記事】