Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界初! 大相撲ドキュメンタリー映画の公開決定 遠藤憲一ナレーションの予告完成

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 世界初の大相撲のエンターテインメント・ドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が、10月30日より全国順次公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと場面写真、遠藤憲一のナレーション入りの予告編が解禁された。 【写真】ドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』場面写真  1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」の、知られざる世界を映す本作。2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と高田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、さまざまな角度からひもといていく。ナレーションには、すごみのある力強い声が、日々厳しい稽古に励み強さを追い求める力士の姿とリンクするということから、俳優の遠藤憲一が起用された。  メガホンを取ったのは、バラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)をはじめ長年テレビの演出家として活躍し、本作が映画初監督作品となる坂田栄治。また、コーディネートプロデューサーである相撲漫画家の琴剣淳弥は、劇中画を描き、自身も本編に登場する。  ポスタービジュアルには、土俵に立つ武隈親方(元大関豪栄道)の姿や、ひとり静かに稽古に励む竜電関、力強く土俵を踏み込むカットなど、強さを追い求め日々鍛練を積み、己を高める多くの力士たちの姿が並ぶ。「365日、闘う。」というコピーは、横綱を目指しまい進する力士たちの決意を表しているかのようでもある。  予告編は遠藤の「相撲とは一体何だ?」と、国技として広く知られる大相撲の核心へ迫る問いかけからスタートする。それに答えるかのように力士や関係者たちが、「毎日が交通事故」「相撲はスポーツではない、お相撲さんは武士」「人生を懸けなきゃいけない」と熱を込めて語るインタビューと合わせて、強靱(きょうじん)な肉体と精神を求めて厳しい研鑚に励む様子や、顔面同士がぶつかり合う度肝を抜くような取り組みといった、“命懸けの相撲”を体現する圧巻の映像が次々と映し出されていく。  遠藤は「相撲の歴史を学び、親方や仲間たちとの絆に心うたれながらの収録でした。強くなるためにひたむきに稽古する姿、寝る、食べる、すべてが相撲特有の美学として伝わってきます。語りの役として、この素晴らしき大相撲の世界を皆様にお届けできること、大変嬉しい思いです」とコメントしている。  映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』は、10月30日より全国順次公開。

【関連記事】