Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“おうちディズニー”動画で話題の制作者が語るディズニー愛「ストーリーをひっくるめてアトラクション」

配信

エキサイトニュース

新型コロナウイルスの影響により、東京ディズニーランド/東京ディズニーシー両パークの臨時休園が続いている(2020年6月現在)。大阪府のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(ユニバ、USJ)」が6月8日から段階的に営業を再開したこともあり、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの再開を心待ちにしている人も多いはず。 そんななか、日用品や小物など身近にあるアイテムを駆使して自宅でディズニーパークのアトラクションを再現した動画が話題だ。そのクオリティの高さに視聴者から「ディズニーに行った気分になった!」というコメントが相次いでいる。 動画配信元のYouTubeチャンネル「SNACKS」を運営している人物は、NHK大河ドラマ『いだてん』への出演歴もある俳優の三永武明。セット作りから動画編集まですべて1人で行っているそうだ。動画内にも自ら出演し、俳優ならではの表情豊かな演技でアトラクションのキャストやゲストを演じている。今回のインタビューではそんな彼にディズニー愛あふれるトークを繰り広げてもらった。 取材・文/細田成嗣(HEW) 大好きなディズニーパークが休園 なんとかしようと考えた

――なぜ自宅でディズニーのアトラクションを再現しようと思ったんですか? とにかくディズニーが大好きなんです。僕は高知県出身なのであまり舞浜のパークには行けなかったんですけど、子供のころからディズニー映画をたくさん観ていて大好きだったんですよね。それで大人になって上京してからはたくさん通いました。実際にパークに行ってみると、アトラクションで最先端の技術を使っていて感動してしまった。そんな大好きなディズニーパークがコロナ禍で臨時休園して行けなくなってしまったので、なんとかしようと考えて「子供のころから得意だった工作のスキルを使って自宅でアトラクションを作ってしまおう!」と思いついたんです。 ――昔から工作が得意だったんですね。 はい。幼稚園のころから飛び出す絵本を自分で作ったり、小学生のときに子供部屋にお化け屋敷を作ったり、そういう立体工作が大好きでした。中学生のときに「読書感想画コンクール」で自分が描いた水彩画が最優秀賞に選ばれたこともありました。 ――ディズニーパークのどんなところが好きですか? 繊細さです。アトラクションを体感して楽しむのも好きなんですけど、それよりもひとつひとつのアトラクションのディテールに注目してしまうんですよね。しっかりとしたストーリーがあって、その世界観を表現するために素晴らしい技術で細かいところまでセットが作り込まれてあって。行くたびに写真を撮ったりじっくりと観察したりしています。 ――ディズニーパークを観察して気づいたことはありますか? いろいろあります。たとえばディズニーシーって園内がいくつかのエリアに分かれているじゃないですか。“マーメイドラグーン”とか“ミステリアスアイランド”とか。それぞれのエリアにはそれぞれの世界観があって、別々のBGMが流れているんですけど、実はエリアのつなぎ目のところは水の音が流れていたりするんですよね。なので歩いていると知らない間にBGMが変わっていて、違和感なく別のエリアに進むことができる。そういう細やかな演出がすごく好きですね。

【関連記事】