Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA・倉本寿彦 指揮官のアドバイスで打撃好調/復活を遂げた男たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 レギュラーの座は奪い返したと言っていいだろう。シーズンも勝負の終盤戦を迎え、DeNAの遊撃手は当たり前のように倉本寿彦が守り続けている。開幕後20試合で1度しかスタメン出場の機会がなかった29歳が、シーズン折り返しの60試合を過ぎてからは10試合しか先発を外れていない(96試合終了時点)。梶谷隆幸、戸柱恭孝に続き、この男も不遇を乗り越え復活のシーズンを送っている1人だ。  プロ入り後すぐに遊撃のレギュラーに座り、日本シリーズ進出で脚光を浴びた2017年シーズンにはフルイニング出場を果たした。だが、同年オフにチームは阪神からフリーエージェント(FA)宣言した大和を獲得。球界屈指の守備職人の加入を受けて倉本は二塁にコンバートされ、やがてそこは本塁打王・ソトらとの争いとなり出番を大きく減らしてきた。「遊撃一本で」と首脳陣に直訴した昨季も打撃不振に陥り、出場わずか24試合。多くの時間を二軍で過ごした。  今季はその打撃が好調で徐々に居場所をつかんだ。8月9日のヤクルト戦(神宮)は山中浩史から自身初の満塁本塁打。9月3~8日には5試合連続のマルチ安打を記録した。「監督にアドバイスをもらって。それがいい方向にいっていると思う」。今年は試合前練習で、ラミレス監督と話し込む場面が多い。近年、打撃の形に試行錯誤を重ねてきた倉本に対し、指揮官は「2年目のフォームに戻したらどうだ」と伝えたという。自己最高の打率.294をマークした年だ。 「毎日、試合に出られる喜びを感じてプレーしている。感謝を忘れず、謙虚に頑張りたい」と倉本。球歴を再び輝かせているのは形より、この心境の変化かもしれない。 写真=高塩隆

週刊ベースボール

【関連記事】