Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“逃げ恥”から“デスノート”まで…東京・神保町のロケの聖地が解体 消える昭和の店

配信

産経新聞

 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)、映画「舟を編む」など、数々のドラマや映画、CMのロケで使われた東京都千代田区神田神保町の大衆居酒屋「酔(よ)の助」が解体される。建物の老朽化に加え、4月全面施行の「改正健康増進法」で禁煙に対応しなければならなかったこと、さらに、新型コロナウイルスの感染拡大で営業自粛したことが決定打となった。“ロケの聖地”の閉店と前後して、「キッチン南海」「スヰートポーヅ」といった神保町の“昭和”も姿を消す。(文化部 道丸摩耶) 【写真】「昭和の大衆居酒屋」として多くのロケに使われた「酔の助」  ■あの芸能人と店の前で一服…  周辺には多くの大学や専門学校。世界一ともいわれる数の古書店が狭いエリアに集まる神田神保町。「酔の助」は靖国通りから1本入った通り沿いに、昭和54年に開店した。  テーブル席と、奥には座敷があり、壁には手書きの品書きがぎっしり貼られていた。明治大の学生として30年ほど前から訪れているという男性会社員(51)は、「座敷に上がってよく飲んだ。『畳に吐いたグループは罰金3万円』という紙がいたる所に貼ってあり、酔いつぶれた友人をトイレで何度介抱したことか」と振り返る。  「昭和の大衆居酒屋」の雰囲気が愛され、15年ほど前からドラマや映画、CMの撮影に使われるようになった。平成27年のドラマ「デスノート」(日本テレビ)では窪田正孝さんが演じる主人公、夜神月のアルバイト先に。28年の「逃げるは恥だが役に立つ」では星野源さん演じる主人公が同僚と飲みに行く居酒屋となった。店主の一山文明さん(66)によると、昨年だけで約50回の撮影が行われたという。  各地の酒場を紹介する「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)などの番組で取り上げられると、一気に客が増えた。松本潤さんや安田章大さんらジャニーズ事務所のタレントの出演作放送後には、「聖地巡礼」として女性ファンが来店するようになった。  「店の軒先に灰皿代わりの一斗缶を置いていて、ロケの合間に一服するスタッフや出演者と盛り上がることもあったね。名前は言えないけれど、ある女優さんは2度目に撮影に来たときには禁煙していたなあ」。一山さんはなつかしそうに振り返る。  ロケで有名になっただけではない。酒に合うつまみは昔から、独特で絶品だった。「たこ焼きのミートグラタン」「ガンダーラ古代岩塩のピザ」「若鶏の北京ダック風」。ガンダーラ? 北京ダック“風”? 有無を言わせぬネーミングも、食べればそのうまさに納得。300~500円で北京ダックが出てくるはずもなく、文句を言うヤボな客などいなかった。  ■大衆居酒屋に試練 飲みながら店の片付け  店は連日満員。ただ近年は、戦後の復興期に建てられた建物の老朽化が進み、家主から立ち退きを求められていたという。  それに加え、4月に全面施行された「改正健康増進法」により全面禁煙にする必要もあり、その対応に頭を悩ませてもいた。  老朽化に禁煙…。難題だったが、常連客も多いから続けるつもりでいた。新型コロナウイルスの感染拡大は、こんなタイミングでの直撃だった。外出自粛が呼びかけられるようになって以降、客足は一気に減り、緊急事態宣言の発出直前には「1日の売り上げが2900円の日もあった」(一山さん)という。  結局、緊急事態宣言を受けて4月8日に休業に入り、そのまま再開することなく、5月28日に閉店する道を選んだ。  「食材や大量の酒類が残っていて、1カ月かけて飲みながら店を片付けた」と一山さん。無念の思いもあるが、「居酒屋という形態が立ち行かない時代だ」と感じる。たばこを吸いながら大声で話し、酒を飲む「昭和の大衆居酒屋」は、時代の流れとコロナ禍に逆らうことはできなかった。  ■スヰートポーヅやキッチン南海も  「酔の助」から靖国通りを挟んでほど近いすずらん通り。ここで80年以上の歴史を持つ餃子専門店「スヰートポーヅ」が閉店したことが、10日に明らかになった。脳科学者の茂木健一郎氏や漫画「孤独のグルメ」の原作者、久住昌之氏、漫画家の江口寿史氏らが相次いで閉店を惜しむメッセージをツイッターに投稿した。  26日には、昭和41年から続く洋食屋「キッチン南海」も建物の老朽化により54年の歴史に幕を下ろす。名物の真っ黒いカレーをはじめとした「思い出の味」をもう一度かみしめようと、店の前には連日、多くの客が列を作っている。こちらはのれん分けした「キッチン南海」が7月、近所に開店する予定だという。  「酔の助」閉店の報を受けて、“逃げ恥”の公式ツイッターは「撮影にご協力頂き、素敵(すてき)な空間と時間をありがとうございました。40年間本当にお疲れ様でした」とツイート。多くのドラマや映画を彩り、学生たちの胃袋を支えてきた老舗の閉店で、神田神保町からまたひとつ昭和の風情が消えた。

【関連記事】